盧溝橋事件(ろこうきょうじけん)は、1937年(昭和12年)7月7日に北京(北平)西南方向の盧溝橋で起きた日本軍と中国国民革命軍第二十九軍との衝突事件である。中国では一般的に七七事変と呼ばれる。まれに、後述する英語名を直訳してマルコ・ポーロ橋事件と表記される場合もある。英語ではMarco Polo Bridge Incident、Battle of Marco Polo Bridgeと呼ばれる。 この事件後に幾つかの和平交渉が行われていた()が、日中戦争(支那事変)の発端となったとされる。なお以前は蘆溝橋・芦溝橋と表記されていたこともあるが、今では正式名称ではない。

Property Value
dbo:abstract
  • 盧溝橋事件(ろこうきょうじけん)は、1937年(昭和12年)7月7日に北京(北平)西南方向の盧溝橋で起きた日本軍と中国国民革命軍第二十九軍との衝突事件である。中国では一般的に七七事変と呼ばれる。まれに、後述する英語名を直訳してマルコ・ポーロ橋事件と表記される場合もある。英語ではMarco Polo Bridge Incident、Battle of Marco Polo Bridgeと呼ばれる。 この事件後に幾つかの和平交渉が行われていた()が、日中戦争(支那事変)の発端となったとされる。なお以前は蘆溝橋・芦溝橋と表記されていたこともあるが、今では正式名称ではない。 (ja)
  • 盧溝橋事件(ろこうきょうじけん)は、1937年(昭和12年)7月7日に北京(北平)西南方向の盧溝橋で起きた日本軍と中国国民革命軍第二十九軍との衝突事件である。中国では一般的に七七事変と呼ばれる。まれに、後述する英語名を直訳してマルコ・ポーロ橋事件と表記される場合もある。英語ではMarco Polo Bridge Incident、Battle of Marco Polo Bridgeと呼ばれる。 この事件後に幾つかの和平交渉が行われていた()が、日中戦争(支那事変)の発端となったとされる。なお以前は蘆溝橋・芦溝橋と表記されていたこともあるが、今では正式名称ではない。 (ja)
dbo:casualties
  • 6 (xsd:integer)
  • 10 (xsd:integer)
  • 60 (xsd:integer)
  • 150 (xsd:integer)
dbo:combatant
  • 23px国民革命軍第二十九軍
  • 支那駐屯軍
dbo:description
  • 1937年(昭和12年)盧溝橋近郊戦闘経過要図 (ja)
  • 1937年(昭和12年)盧溝橋近郊戦闘経過要図 (ja)
dbo:isPartOfMilitaryConflict
dbo:opponents
dbo:place
dbo:result
  • 日本軍の勝利
dbo:strength
  • 兵員:100,000 (國防部史政編譯局『抗日戰史』による二十九軍の総兵力、平津地区には40,000)
  • 兵員:5,600 (支那駐屯軍の総兵力, 7/8の交戦戦力は510)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 31322 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 50807 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81296029 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • 盧溝橋事件(ろこうきょうじけん) (ja)
  • 盧溝橋事件(ろこうきょうじけん) (ja)
prop-ja:campaign
  • 日中戦争 (ja)
  • 日中戦争 (ja)
prop-ja:caption
  • 1937 (xsd:integer)
prop-ja:casualties
  • 戦傷死約150 (ja)
  • 戦死10、戦傷30 (ja)
  • 戦死60余、戦傷120余 (ja)
  • 戦死6、戦傷12 (ja)
  • 戦傷死約150 (ja)
  • 戦死10、戦傷30 (ja)
  • 戦死60余、戦傷120余 (ja)
  • 戦死6、戦傷12 (ja)
prop-ja:combatant
  • 23 (xsd:integer)
  • 支那駐屯軍 (ja)
prop-ja:commander
  • 一木清直 (ja)
  • 牟田口廉也 (ja)
  • 森田徹 (ja)
  • 宋哲元 (ja)
  • 橋本群 (ja)
  • 秦徳純 (ja)
  • 金振中 (ja)
  • 馮治安 (ja)
  • 一木清直 (ja)
  • 牟田口廉也 (ja)
  • 森田徹 (ja)
  • 宋哲元 (ja)
  • 橋本群 (ja)
  • 秦徳純 (ja)
  • 金振中 (ja)
  • 馮治安 (ja)
prop-ja:conflict
prop-ja:date
  • 2009 (xsd:integer)
  • 2010 (xsd:integer)
  • 2020 (xsd:integer)
  • --07-07
prop-ja:place
prop-ja:result
  • 日本軍の勝利 (ja)
  • 日本軍の勝利 (ja)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:strength
  • 兵員:100,000 (ja)
  • 兵員:5,600 (ja)
  • 兵員:100,000 (ja)
  • 兵員:5,600 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:範囲
  • 9 (xsd:integer)
  • --07-04
  • 龍王廟付近及び永定河西側の長辛店付近の高地から集結中の日本軍に対し、迫撃砲及び小銃射撃を以って攻撃してきたため、日本軍も自衛上止むを得ずこれに応戦して龍王廟を占拠し、蘆溝橋の中国軍に対し武装解除を要求した。 (ja)
  • 永定河対岸の中国兵からは10日早朝以来、時々蘆溝橋付近の日本軍監視部隊に射撃を加える等の不法行為があったが、同日の夕刻過ぎ、衙門口方面から南進した中国兵が9日午前2時の協定を無視して龍王廟を占拠し、引き続き蘆溝橋付近の日本軍を攻撃したため牟田口部隊長は逆襲に転じ、これに徹底的打撃を与え午後9時頃龍王廟を占領した。 (ja)
dct:subject
georss:point
  • 39.85055555555556 116.22222222222223
rdf:type
rdfs:comment
  • 盧溝橋事件(ろこうきょうじけん)は、1937年(昭和12年)7月7日に北京(北平)西南方向の盧溝橋で起きた日本軍と中国国民革命軍第二十九軍との衝突事件である。中国では一般的に七七事変と呼ばれる。まれに、後述する英語名を直訳してマルコ・ポーロ橋事件と表記される場合もある。英語ではMarco Polo Bridge Incident、Battle of Marco Polo Bridgeと呼ばれる。 この事件後に幾つかの和平交渉が行われていた()が、日中戦争(支那事変)の発端となったとされる。なお以前は蘆溝橋・芦溝橋と表記されていたこともあるが、今では正式名称ではない。 (ja)
  • 盧溝橋事件(ろこうきょうじけん)は、1937年(昭和12年)7月7日に北京(北平)西南方向の盧溝橋で起きた日本軍と中国国民革命軍第二十九軍との衝突事件である。中国では一般的に七七事変と呼ばれる。まれに、後述する英語名を直訳してマルコ・ポーロ橋事件と表記される場合もある。英語ではMarco Polo Bridge Incident、Battle of Marco Polo Bridgeと呼ばれる。 この事件後に幾つかの和平交渉が行われていた()が、日中戦争(支那事変)の発端となったとされる。なお以前は蘆溝橋・芦溝橋と表記されていたこともあるが、今では正式名称ではない。 (ja)
rdfs:label
  • 盧溝橋事件 (ja)
  • 盧溝橋事件 (ja)
owl:sameAs
geo:geometry
  • POINT(116.22222137451 39.850555419922)
geo:lat
  • 39.850555 (xsd:float)
geo:long
  • 116.222221 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 盧溝橋事件(ろこうきょうじけん) (ja)
  • 盧溝橋事件(ろこうきょうじけん) (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:戦闘 of
is foaf:primaryTopic of