Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 監物 永三(けんもつ えいぞう、1948年2月13日 - )は、岡山県出身の元体操選手で現在は日本体育大学教授、日本体操協会副会長。1968年メキシコオリンピック、1972年ミュンヘンオリンピック、1976年モントリオールオリンピック男子団体金メダリスト。清風高等学校、日本体育大学卒。世界体操選手権とオリンピックでは種目別のあん馬で合計4個のメダルを獲得。日本の男子体操黄金時代に「夢のタイトル」と呼ばれたあん馬で、もっとも金メダルに近いと言われた選手であった。オリンピックと世界体操選手権で獲得したメダルは23個、うち金メダルが10個、銀メダルが7個、銅メダルが6個であった。1970年には世界選手権男子個人総合で日本人初の優勝を果たしている。引退後は日本体育大学や徳洲会体操クラブなどで指導者として水鳥寿思らを育て上げた。2004年のアテネオリンピックに金メダルを獲得した男子団体メンバーと共に紫綬褒章を受章した。2006年に国際体操殿堂入りを果たした。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1130295 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1979 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53154660 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 監物 永三(けんもつ えいぞう、1948年2月13日 - )は、岡山県出身の元体操選手で現在は日本体育大学教授、日本体操協会副会長。1968年メキシコオリンピック、1972年ミュンヘンオリンピック、1976年モントリオールオリンピック男子団体金メダリスト。清風高等学校、日本体育大学卒。世界体操選手権とオリンピックでは種目別のあん馬で合計4個のメダルを獲得。日本の男子体操黄金時代に「夢のタイトル」と呼ばれたあん馬で、もっとも金メダルに近いと言われた選手であった。オリンピックと世界体操選手権で獲得したメダルは23個、うち金メダルが10個、銀メダルが7個、銅メダルが6個であった。1970年には世界選手権男子個人総合で日本人初の優勝を果たしている。引退後は日本体育大学や徳洲会体操クラブなどで指導者として水鳥寿思らを育て上げた。2004年のアテネオリンピックに金メダルを獲得した男子団体メンバーと共に紫綬褒章を受章した。2006年に国際体操殿堂入りを果たした。
rdfs:label
  • 監物永三
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of