Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 盛岡弁(もりおかべん)は、岩手県盛岡市の中心部で用いられる日本語の方言。岩手県中北部方言の一つで、東北方言の北奥羽方言に分類される。広義の南部弁に属すが、一口に南部弁といっても地域によって方言に違いがある。盛岡は江戸時代に盛岡藩(南部藩)の城下として栄えた町であるため、南部藩領内の他地域の方言とは異なる特徴が形成された。盛岡弁の主な特徴として、以下の点が挙げられる。 敬語表現が発達しており、敬語表現に明確な段階が存在する。 福島県から仙台市にかけての南奥羽方言に多いような平板アクセント(無アクセント)ではない。 町人言葉も武家言葉に近似する。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 388123 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1918 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55172958 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 盛岡弁(もりおかべん)は、岩手県盛岡市の中心部で用いられる日本語の方言。岩手県中北部方言の一つで、東北方言の北奥羽方言に分類される。広義の南部弁に属すが、一口に南部弁といっても地域によって方言に違いがある。盛岡は江戸時代に盛岡藩(南部藩)の城下として栄えた町であるため、南部藩領内の他地域の方言とは異なる特徴が形成された。盛岡弁の主な特徴として、以下の点が挙げられる。 敬語表現が発達しており、敬語表現に明確な段階が存在する。 福島県から仙台市にかけての南奥羽方言に多いような平板アクセント(無アクセント)ではない。 町人言葉も武家言葉に近似する。
rdfs:label
  • 盛岡弁
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of