Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 益田 義信(ますだ よしのぶ、1905年(明治38年)3月1日 - 1990年(平成2年)1月10日)は、日本の洋画家。益田太郎冠者の子として東京に生まれる。慶應義塾大学卒。梅原龍三郎に師事する。パリ留学後、国画会に所属した。ヴェネツィア・ビエンナーレなど国際展のコミッショナー。国際造形芸術連盟会長。故障時のロードサービスで知られる日本自動車連盟(JAF)のマークは、1963(昭和37)年の創立当時に理事を務めていたことから益田義信がデザインした。色については、制作当初から白とブルーと決めていたとのことで、全9種の試作のうち5枚をJAFに持参し、最終決定されたものが、益田の一番のお気に入りのデザインだったというエピソードが残されている。父と同じく、戦時中も洋行するほどの放蕩ぶりで、祖父・益田孝(三井物産、日本経済新聞社創業者)の築いた巨額の財産を使い果たしたことで知られる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2379688 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1099 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54139411 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 益田 義信(ますだ よしのぶ、1905年(明治38年)3月1日 - 1990年(平成2年)1月10日)は、日本の洋画家。益田太郎冠者の子として東京に生まれる。慶應義塾大学卒。梅原龍三郎に師事する。パリ留学後、国画会に所属した。ヴェネツィア・ビエンナーレなど国際展のコミッショナー。国際造形芸術連盟会長。故障時のロードサービスで知られる日本自動車連盟(JAF)のマークは、1963(昭和37)年の創立当時に理事を務めていたことから益田義信がデザインした。色については、制作当初から白とブルーと決めていたとのことで、全9種の試作のうち5枚をJAFに持参し、最終決定されたものが、益田の一番のお気に入りのデザインだったというエピソードが残されている。父と同じく、戦時中も洋行するほどの放蕩ぶりで、祖父・益田孝(三井物産、日本経済新聞社創業者)の築いた巨額の財産を使い果たしたことで知られる。
rdfs:label
  • 益田義信
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of