Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 皇室典範(こうしつてんぱん、昭和22年1月16日法律第3号)は、日本国憲法第2条及び第5条に基づき、皇位継承及び摂政に関する事項を中心に規律した皇室に関する法律である。「皇室典範」は1889年(明治22年)2月11日に、大日本帝国憲法と同時に裁定(勅定)され、1947年(昭和22年)に、日本国憲法第100条及び第2条、第5条に基づき、日本国憲法施行前に、憲法に附属する法律の制定手続によって、枢密院の諮詢及び帝国議会の協賛を経て、現在の「皇室典範」(昭和22年1月16日法律第3号)が制定された。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 77011 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3618 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 109 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59223440 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:リンク
prop-ja:内容
  • 皇室に関する制度
prop-ja:効力
  • 現行法
prop-ja:改正
  • 昭和24年法律第134号
prop-ja:番号
  • 昭和22年法律第3号
prop-ja:通称
  • なし
prop-ja:関連
prop-ja:題名
  • 皇室典範
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 皇室典範(こうしつてんぱん、昭和22年1月16日法律第3号)は、日本国憲法第2条及び第5条に基づき、皇位継承及び摂政に関する事項を中心に規律した皇室に関する法律である。「皇室典範」は1889年(明治22年)2月11日に、大日本帝国憲法と同時に裁定(勅定)され、1947年(昭和22年)に、日本国憲法第100条及び第2条、第5条に基づき、日本国憲法施行前に、憲法に附属する法律の制定手続によって、枢密院の諮詢及び帝国議会の協賛を経て、現在の「皇室典範」(昭和22年1月16日法律第3号)が制定された。
rdfs:label
  • 皇室典範
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:関連 of
is foaf:primaryTopic of