Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 皇円(こうえん)は、平安時代後期の天台宗の僧侶、正字では皇圓。熊本県玉名の出身で肥後阿闍梨とも呼ばれ、浄土宗の開祖法然の師でもある。日本三大史書のひとつ「扶桑略記」を撰した。弥勒菩薩が未来にこの世に出現して衆生を救うまで、自分が修行をして衆生を救おうと、静岡県桜ヶ池に龍身入定したと伝えられる。湖畔の池宮神社では秋の彼岸の中日に池の中に赤飯を奉納する「お櫃納め」の行事が営なまれる。また皇円を本尊として祀る熊本県玉名市の蓮華院誕生寺では、皇円大菩薩ないし皇円上人と尊称されて人々の信仰をあつめている。浄土宗の僧で、多念義を主張した隆寛は甥である。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 390567 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3084 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 71 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58551698 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名前
  • 皇円
prop-ja:宗派
  • 天台宗
prop-ja:尊称
  • 皇円大菩薩、皇円上人
prop-ja:
prop-ja:弟子
prop-ja:没地
  • 比叡山功徳院
prop-ja:生地
prop-ja:生没年
  • --06-13
prop-ja:著作
  • 『扶桑略記』
prop-ja:諡号
  • 肥後阿闍梨
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 皇円(こうえん)は、平安時代後期の天台宗の僧侶、正字では皇圓。熊本県玉名の出身で肥後阿闍梨とも呼ばれ、浄土宗の開祖法然の師でもある。日本三大史書のひとつ「扶桑略記」を撰した。弥勒菩薩が未来にこの世に出現して衆生を救うまで、自分が修行をして衆生を救おうと、静岡県桜ヶ池に龍身入定したと伝えられる。湖畔の池宮神社では秋の彼岸の中日に池の中に赤飯を奉納する「お櫃納め」の行事が営なまれる。また皇円を本尊として祀る熊本県玉名市の蓮華院誕生寺では、皇円大菩薩ないし皇円上人と尊称されて人々の信仰をあつめている。浄土宗の僧で、多念義を主張した隆寛は甥である。
rdfs:label
  • 皇円
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of