Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 皆川 秀隆(みながわ ひでたか、寛永3年(1626年)- 明暦3年6月18日(1657年7月28日))は、常陸府中藩第2代藩主・皆川隆庸の次男。兄に皆川成郷、弟に皆川成之。室は亀山藩主・松平成重の娘、継室は徳美藩主・伊丹勝長の娘。幼名は又七郎。正保2年(1645年)2月5日に父が死去し、同年5月21日に兄成郷が家督を継いだ際、常陸国行方郡内5,000石を分与され寄合に列した。ほどなく兄の成郷が同年6月4日に嗣子なくして22歳で没し、府中藩皆川氏は断絶した。慶安元年5月に甲府城の守衛に赴き、承応2年に下館城の守衛の任を溝口宣秋とともに勤め、明暦3年に再び下館城守衛の任なかばで32歳で没した。法号:凉説。家督は子の皆川広隆が継いだ。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2513392 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 602 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53400156 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 皆川 秀隆(みながわ ひでたか、寛永3年(1626年)- 明暦3年6月18日(1657年7月28日))は、常陸府中藩第2代藩主・皆川隆庸の次男。兄に皆川成郷、弟に皆川成之。室は亀山藩主・松平成重の娘、継室は徳美藩主・伊丹勝長の娘。幼名は又七郎。正保2年(1645年)2月5日に父が死去し、同年5月21日に兄成郷が家督を継いだ際、常陸国行方郡内5,000石を分与され寄合に列した。ほどなく兄の成郷が同年6月4日に嗣子なくして22歳で没し、府中藩皆川氏は断絶した。慶安元年5月に甲府城の守衛に赴き、承応2年に下館城の守衛の任を溝口宣秋とともに勤め、明暦3年に再び下館城守衛の任なかばで32歳で没した。法号:凉説。家督は子の皆川広隆が継いだ。
rdfs:label
  • 皆川秀隆
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:sibling of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of