Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 的盧(てきろ)とは、額に白い模様を有する馬、あるいはその模様である。額の白い模様が口に入り歯に達しているものを「楡雁」またの名を「的盧」といい、しもべが乗れば客死し、主が乗れば刑死するという凶馬である。この特徴を備えたものとして劉備の乗馬が知られる他、東晋の庾亮も的盧のある馬に乗ったとされ、南朝梁・呉均の詩『行路難』にも「青驪白駮的盧馬」という句がみえる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 991444 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2232 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59076859 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 的盧(てきろ)とは、額に白い模様を有する馬、あるいはその模様である。額の白い模様が口に入り歯に達しているものを「楡雁」またの名を「的盧」といい、しもべが乗れば客死し、主が乗れば刑死するという凶馬である。この特徴を備えたものとして劉備の乗馬が知られる他、東晋の庾亮も的盧のある馬に乗ったとされ、南朝梁・呉均の詩『行路難』にも「青驪白駮的盧馬」という句がみえる。
rdfs:label
  • 的盧
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of