Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『百論』(ひゃくろん、梵: Śata śāstra, シャタ・シャーストラ)とは、提婆によって書かれたとされる仏教論書である。『中論』『十二門論』と並び、三論宗の所依の一つ。龍樹の『中論』を受ける形で、他派の論を百種の偈を以て斥ける構成。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2346810 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 391 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54624276 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『百論』(ひゃくろん、梵: Śata śāstra, シャタ・シャーストラ)とは、提婆によって書かれたとされる仏教論書である。『中論』『十二門論』と並び、三論宗の所依の一つ。龍樹の『中論』を受ける形で、他派の論を百種の偈を以て斥ける構成。
rdfs:label
  • 百論
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of