Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 白鳥貯木場(しろとりちょぼくじょう)は、愛知県名古屋市熱田区の堀川沿いに存在した水中貯木場。かつての名古屋の木材取引の中心地であり、江戸時代の初期に開かれ”木材市場発祥の地”として400年近い歴史を誇っていた。現在は、国鉄の貨物駅跡地を含め、公団などの公営住宅、都市公園(白鳥公園)、名古屋国際会議場、大学などの公共施設、マンションなどとなっており、貯木場としては現存していないが、林野行政の拠点としては農林水産省林野庁中部森林管理局名古屋事務所が継続設置されている。なお、白鳥公園内には木材産業発祥地の記念碑と白鳥御材木役所跡記念碑が設置されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1573319 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6961 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 100 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57562310 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 白鳥貯木場(しろとりちょぼくじょう)は、愛知県名古屋市熱田区の堀川沿いに存在した水中貯木場。かつての名古屋の木材取引の中心地であり、江戸時代の初期に開かれ”木材市場発祥の地”として400年近い歴史を誇っていた。現在は、国鉄の貨物駅跡地を含め、公団などの公営住宅、都市公園(白鳥公園)、名古屋国際会議場、大学などの公共施設、マンションなどとなっており、貯木場としては現存していないが、林野行政の拠点としては農林水産省林野庁中部森林管理局名古屋事務所が継続設置されている。なお、白鳥公園内には木材産業発祥地の記念碑と白鳥御材木役所跡記念碑が設置されている。
rdfs:label
  • 白鳥貯木場
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:前身 of
is foaf:primaryTopic of