Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 白鬚神社の田楽(しらひげじんじゃのでんがく)は、佐賀県佐賀市久保泉町大字川久保に伝わる民俗芸能の田楽。この田楽は、毎年10月18日、19日に行われる白鬚神社の祭礼に川久保地区の人達によって奉納される芸能で、子どもが演じることから「稚児田楽」ともよばれ、青竹で囲まれた正方形の舞台を境内に設け、ゴザを敷いて演じられる。鉢巻を締めて手に造花をつけた棒と扇を持ったハナカタメ(幼児1名)と、金色の立烏帽子をかぶり手に小鼓と扇を持ったスッテンテン(幼児1名)、ビンザサラを持ち、大きな花笠をかぶりその上から華やかな女帯を垂らし美しく女装したササラツキ(少年4名)、腰の前に太鼓を吊し背中に金銀で飾った木刀を負ったカケウチ(若者2名)、大人の笛役(7名)により演じられる。一部カケウチの活発な動きはあるものの、全体としてはゆっくりとした曲と動きで、約1時間半にわたって演じられる。田楽がいつ頃から始まったか正確な記録は無いが、伝承によると6世紀半ばから7世紀の初めにかけて近江国から移住してきた人達がおり、白鬚神社の祭りを先祖祭りと併せて行ったといわれている。この白鬚神社における田楽の記録は、享保19年(1734年)建立の石鳥居に「時奏村田楽」とあるのが最初とされているが、起源は平安時代、田植の折り、鼓を打って田植歌の伴奏をしたものが、次第に形変えて現在のようになったものとされている。 2000年(平成12年)12月27日に重要無形民俗文化財に指定された。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 764262 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1176 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 43 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 42579725 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 33.332141666666665 130.32553611111112
rdf:type
rdfs:comment
  • 白鬚神社の田楽(しらひげじんじゃのでんがく)は、佐賀県佐賀市久保泉町大字川久保に伝わる民俗芸能の田楽。この田楽は、毎年10月18日、19日に行われる白鬚神社の祭礼に川久保地区の人達によって奉納される芸能で、子どもが演じることから「稚児田楽」ともよばれ、青竹で囲まれた正方形の舞台を境内に設け、ゴザを敷いて演じられる。鉢巻を締めて手に造花をつけた棒と扇を持ったハナカタメ(幼児1名)と、金色の立烏帽子をかぶり手に小鼓と扇を持ったスッテンテン(幼児1名)、ビンザサラを持ち、大きな花笠をかぶりその上から華やかな女帯を垂らし美しく女装したササラツキ(少年4名)、腰の前に太鼓を吊し背中に金銀で飾った木刀を負ったカケウチ(若者2名)、大人の笛役(7名)により演じられる。一部カケウチの活発な動きはあるものの、全体としてはゆっくりとした曲と動きで、約1時間半にわたって演じられる。田楽がいつ頃から始まったか正確な記録は無いが、伝承によると6世紀半ばから7世紀の初めにかけて近江国から移住してきた人達がおり、白鬚神社の祭りを先祖祭りと併せて行ったといわれている。この白鬚神社における田楽の記録は、享保19年(1734年)建立の石鳥居に「時奏村田楽」とあるのが最初とされているが、起源は平安時代、田植の折り、鼓を打って田植歌の伴奏をしたものが、次第に形変えて現在のようになったものとされている。 2000年(平成12年)12月27日に重要無形民俗文化財に指定された。
rdfs:label
  • 白鬚神社の田楽
owl:sameAs
geo:lat
  • 33.332142 (xsd:float)
geo:long
  • 130.325531 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of