Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『白雪姫』(しらゆきひめ、低地ドイツ語:Schneewittchen、標準ドイツ語:Schneeweißchen)は、元々はドイツのヘッセン州バート・ヴィルドゥンゲンの民話とされている。。グリム兄弟の『グリム童話[[Kinder und Hausmärchen]] 』に、KHM53番、エーレンベルク稿(1810年手稿)では43番として収載されている。話者は、「マリー」ことマリー・ハッセンプフルークである。タイトル及び主人公の呼称の日本語訳名は「白雪姫」が一般的である。しかし、Schneewittchenが“雪のように白い子”の意である事から、厳密に正確な日本語訳とするなら「雪白姫」が正しい。因みに読みは「ゆきじろひめ」。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 5449 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 30820 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 281 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59189391 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『白雪姫』(しらゆきひめ、低地ドイツ語:Schneewittchen、標準ドイツ語:Schneeweißchen)は、元々はドイツのヘッセン州バート・ヴィルドゥンゲンの民話とされている。。グリム兄弟の『グリム童話[[Kinder und Hausmärchen]] 』に、KHM53番、エーレンベルク稿(1810年手稿)では43番として収載されている。話者は、「マリー」ことマリー・ハッセンプフルークである。タイトル及び主人公の呼称の日本語訳名は「白雪姫」が一般的である。しかし、Schneewittchenが“雪のように白い子”の意である事から、厳密に正確な日本語訳とするなら「雪白姫」が正しい。因みに読みは「ゆきじろひめ」。
rdfs:label
  • 白雪姫
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:basedOn of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:原作 of
is foaf:primaryTopic of