Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 白衣(はくい、英: White Coat)は、業務等において着用する主に白色または淡色の外衣のことである。主に医療従事者、衛生・調理従事者、実験従事者等が着用する。学校の給食の配膳などの場面では児童・生徒も着用する。白衣の着用には、衛生、災害予防、制服としての機能があり、主に汚れや洗濯に丈夫なポリエステル製の白衣が多いが、薬品や火傷や火に耐えるよう綿で作られているものもある。「白衣」という名称の示す通り、その多くは白色であるが、必ずしも厳密に色が白に限定されるわけではない。研究者やエンジニアが着る物には青や緑の白衣も存在する。医師が診察時に着る白衣は患者に安心感を与えるために、淡い青がよく使われる。また、手術時に着用する白衣(手術衣)の場合、赤い術野を見続けることによる補色残像(薄緑色)が気にならないよう、緑系統の色のものが用いられる(近年は感染対策のため使い捨てのものが多用される)。また、病院の受付担当者や薬局の医療事務スタッフ、ドラッグストアなどの登録販売者は、身分が医師や薬剤師でないことを強調するためにそれらと区別する目的で水色、黄緑色、ピンク色、クリーム色など、色つきの白衣を着用する場合が大半である。色が付いていても「白衣」と呼ぶ。ドイツ語では「独: Laborkittel」英語でも「英: Lab. coat」と呼ばれる。また、黒い白衣(独: SchwarzesLaborkittel)はドイツにおける伝統的な死刑執行人の服装である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 69771 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3642 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 107 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58914216 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 白衣(はくい、英: White Coat)は、業務等において着用する主に白色または淡色の外衣のことである。主に医療従事者、衛生・調理従事者、実験従事者等が着用する。学校の給食の配膳などの場面では児童・生徒も着用する。白衣の着用には、衛生、災害予防、制服としての機能があり、主に汚れや洗濯に丈夫なポリエステル製の白衣が多いが、薬品や火傷や火に耐えるよう綿で作られているものもある。「白衣」という名称の示す通り、その多くは白色であるが、必ずしも厳密に色が白に限定されるわけではない。研究者やエンジニアが着る物には青や緑の白衣も存在する。医師が診察時に着る白衣は患者に安心感を与えるために、淡い青がよく使われる。また、手術時に着用する白衣(手術衣)の場合、赤い術野を見続けることによる補色残像(薄緑色)が気にならないよう、緑系統の色のものが用いられる(近年は感染対策のため使い捨てのものが多用される)。また、病院の受付担当者や薬局の医療事務スタッフ、ドラッグストアなどの登録販売者は、身分が医師や薬剤師でないことを強調するためにそれらと区別する目的で水色、黄緑色、ピンク色、クリーム色など、色つきの白衣を着用する場合が大半である。色が付いていても「白衣」と呼ぶ。ドイツ語では「独: Laborkittel」英語でも「英: Lab.
rdfs:label
  • 白衣
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of