Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 白毫寺(びゃくごうじ)は、奈良県奈良市白毫寺町にある真言律宗の寺院。本尊は阿弥陀如来。開基(創立者)は勤操と伝える。奈良市街地の東南部、春日山の南に連なる高円山の山麓にあり、境内から奈良盆地が一望できる景勝地に建つ寺である。関西花の寺二十五霊場第18番(萩)。なお、寺号の「白毫」は、仏の眉間にある白い巻毛のことである。
dbpedia-owl:address
  • 奈良県奈良市白毫寺町392
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 380457 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2772 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 81 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58829685 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:別称
  • 一切経
prop-ja:創建年
  • 伝・霊亀元年(715年)
prop-ja:名称
  • 白毫寺
prop-ja:宗派
prop-ja:山号
  • 高円山
prop-ja:所在地
  • 奈良県奈良市白毫寺町392
prop-ja:文化財
  • 木造阿弥陀如来坐像、木造菩薩坐像(伝文殊菩薩)ほか(重要文化財)
prop-ja:本尊
prop-ja:札所等
  • 大和北部八十八ヶ所霊場 第63番
  • 関西花の寺二十五霊場18番
prop-ja:画像
  • 260 (xsd:integer)
  • 参道
prop-ja:開基
  • 伝・勤操
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 白毫寺(びゃくごうじ)は、奈良県奈良市白毫寺町にある真言律宗の寺院。本尊は阿弥陀如来。開基(創立者)は勤操と伝える。奈良市街地の東南部、春日山の南に連なる高円山の山麓にあり、境内から奈良盆地が一望できる景勝地に建つ寺である。関西花の寺二十五霊場第18番(萩)。なお、寺号の「白毫」は、仏の眉間にある白い巻毛のことである。
rdfs:label
  • 白毫寺
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 白毫寺
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of