Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 白山の戦い(はくさんのたたかい、チェコ語: Bitva na Bílé hoře, ドイツ語: Schlacht am Weißen Berg, 1620年11月8日)は、ボヘミア(現在のチェコ共和国)の首都プラハ近郊の山、白山(チェコ語名ビーラー・ホラ Bílá hora)でのハプスブルク軍勢力とボヘミアのプロテスタント貴族との間で勃発した戦闘である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 148118 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3882 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 60 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53282717 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:casualties
  • ~2,000人
  • ~5,000人
prop-ja:combatant
  • 22 (xsd:integer)
prop-ja:commander
  • 22 (xsd:integer)
prop-ja:conflict
  • 白山の戦い
prop-ja:date
  • --11-08
prop-ja:partof
prop-ja:place
prop-ja:result
  • 決定的な神聖ローマ帝国の勝利
prop-ja:strength
  • 主としてボヘミア、ドイツ、ハンガリー、オーストリア同盟からの傭兵15,000人
  • 主として神聖ローマ帝国、カトリック同盟、スペイン及びスペイン領ネーデルラントの兵、ポーランド人傭兵集団リソフチツィによる27,000人
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 白山の戦い(はくさんのたたかい、チェコ語: Bitva na Bílé hoře, ドイツ語: Schlacht am Weißen Berg, 1620年11月8日)は、ボヘミア(現在のチェコ共和国)の首都プラハ近郊の山、白山(チェコ語名ビーラー・ホラ Bílá hora)でのハプスブルク軍勢力とボヘミアのプロテスタント貴族との間で勃発した戦闘である。
rdfs:label
  • 白山の戦い
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of