Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 癜風(でんぷう、英: Tinea versicolor)は、表皮に発症する真菌感染症。細かい鱗屑が付着する淡褐色斑(黒色癜風)あるいは脱色素斑(白色癜風)ができる。好発部位は背部、胸部、頸部、上腕、腋窩などで、春から夏にかけて発症および悪化しやすく、痒みは伴わないことが多い。ありふれた日和見感染の一つであるが気づかない人が多く、一般的に認知されていない。皮膚の常在菌の一つで酵母に属するマラッセジア属(英: Malassezia)(マラセチアとも、Malassezia globosa 、M. furfur など)が原因で、これらの菌は皮脂を好む。黒色癜風を黒なまず、白色癜風を白なまずともいう(原因の異なる尋常性白斑も俗に白なまずという)。白斑は治ったあとのことが多く、徐々に消えるのを待つしかない。治療にはミコナゾール、イトラコナゾールなどイミダゾール系の抗真菌薬が用いられる。イミダゾール系が効かない場合、テルビナフィン系が効くとの報告もある。いずれにせよ、3日ぐらいで効果がない場合は、抗真菌薬の種類を変えるといい。2週間も外用すれば、治まるものである。
dbpedia-owl:commonName
  • 癜風
dbpedia-owl:icd10
  • B36.0
dbpedia-owl:icd9
  • 111.0
dbpedia-owl:meshId
  • D014010
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 546830 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1130 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52913899 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:diseasesdb
  • 10071 (xsd:integer)
prop-ja:emedicinesubj
  • derm
prop-ja:emedicinetopic
  • 423 (xsd:integer)
prop-ja:icd
  • 111 (xsd:integer)
  • B36.0
prop-ja:medlineplus
  • 1465 (xsd:integer)
prop-ja:meshid
  • D014010
prop-ja:name
  • 癜風
prop-ja:width
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 癜風(でんぷう、英: Tinea versicolor)は、表皮に発症する真菌感染症。細かい鱗屑が付着する淡褐色斑(黒色癜風)あるいは脱色素斑(白色癜風)ができる。好発部位は背部、胸部、頸部、上腕、腋窩などで、春から夏にかけて発症および悪化しやすく、痒みは伴わないことが多い。ありふれた日和見感染の一つであるが気づかない人が多く、一般的に認知されていない。皮膚の常在菌の一つで酵母に属するマラッセジア属(英: Malassezia)(マラセチアとも、Malassezia globosa 、M. furfur など)が原因で、これらの菌は皮脂を好む。黒色癜風を黒なまず、白色癜風を白なまずともいう(原因の異なる尋常性白斑も俗に白なまずという)。白斑は治ったあとのことが多く、徐々に消えるのを待つしかない。治療にはミコナゾール、イトラコナゾールなどイミダゾール系の抗真菌薬が用いられる。イミダゾール系が効かない場合、テルビナフィン系が効くとの報告もある。いずれにせよ、3日ぐらいで効果がない場合は、抗真菌薬の種類を変えるといい。2週間も外用すれば、治まるものである。
rdfs:label
  • 癜風
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of