Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『痴人の愛』(ちじんのあい)は、谷崎潤一郎の小説。1924年3月から『大阪朝日新聞』に連載、6月から10月までいったん中断したが、後半は『女性』誌に1925年7月まで掲載された。現行では新潮文庫と中公文庫にある。カフェの女給から見出したナオミを育て、いずれは自分の妻にしようと思った男・河合譲治が、次第に少女にとりつかれ、破滅するまでを描く。耽美主義の代表作で、「ナオミズム」という言葉を生み出した。ナオミのモデルは、当時谷崎の妻であった千代の妹・小林せい子である。なお、谷崎は連載再開の断り書きで、この小説を「私小説」と呼んでいる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 313195 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3665 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 63 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57512445 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『痴人の愛』(ちじんのあい)は、谷崎潤一郎の小説。1924年3月から『大阪朝日新聞』に連載、6月から10月までいったん中断したが、後半は『女性』誌に1925年7月まで掲載された。現行では新潮文庫と中公文庫にある。カフェの女給から見出したナオミを育て、いずれは自分の妻にしようと思った男・河合譲治が、次第に少女にとりつかれ、破滅するまでを描く。耽美主義の代表作で、「ナオミズム」という言葉を生み出した。ナオミのモデルは、当時谷崎の妻であった千代の妹・小林せい子である。なお、谷崎は連載再開の断り書きで、この小説を「私小説」と呼んでいる。
rdfs:label
  • 痴人の愛
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of