Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 異性化(Isomerization)は、ある分子が原子の組成は全くそのままに、原子の配列が変化して別の分子に変換することである。これらの関連する分子のことは異性体と呼ぶ。ある条件下で自発的に異性化する分子もある。多くの異性体は、等しいかほぼ等しい結合エネルギーを持ち、そのためほぼ等量が存在する。これらは比較的自由に相互変換でき、即ち2つの異性体間のエネルギー障壁は高くはない。分子間で異性化が起きると、転位反応とみなせる。有機金属化合物の異性化の例には、結合異性からのデカフェニルフェロセン[(η5-C5Ph5)2Fe]の生成がある。Formation of decaphenylferrocene from its linkage isomer
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 132244 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3052 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54237713 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 異性化(Isomerization)は、ある分子が原子の組成は全くそのままに、原子の配列が変化して別の分子に変換することである。これらの関連する分子のことは異性体と呼ぶ。ある条件下で自発的に異性化する分子もある。多くの異性体は、等しいかほぼ等しい結合エネルギーを持ち、そのためほぼ等量が存在する。これらは比較的自由に相互変換でき、即ち2つの異性体間のエネルギー障壁は高くはない。分子間で異性化が起きると、転位反応とみなせる。有機金属化合物の異性化の例には、結合異性からのデカフェニルフェロセン[(η5-C5Ph5)2Fe]の生成がある。Formation of decaphenylferrocene from its linkage isomer
rdfs:label
  • 異性化
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of