Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 画所(絵所・えどころ)とは、平安時代に成立した天皇の家政機関の1つ。本来は宮廷の絵画・意匠を考案・制作する「所」であるが、鎌倉時代には絵画の需要が多い寺社の工房にも置かれるようになり、南北朝時代には独立した絵師の工房に対しても用いられるようになった。転じて、これらの画所(絵所)に所属した画師(絵師)を指すようになった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2878480 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3210 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51582126 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 画所(絵所・えどころ)とは、平安時代に成立した天皇の家政機関の1つ。本来は宮廷の絵画・意匠を考案・制作する「所」であるが、鎌倉時代には絵画の需要が多い寺社の工房にも置かれるようになり、南北朝時代には独立した絵師の工房に対しても用いられるようになった。転じて、これらの画所(絵所)に所属した画師(絵師)を指すようになった。
rdfs:label
  • 画所
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of