Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 町田 泰則(まちだ やすのり、1948年 - )は、群馬県渋川市出身の分子生物学者(植物を材料とする)である。タバコやシロイヌナズナを用いて、植物の細胞分裂や細胞分化及び成長の仕組みを研究している。これらの業績により、2010年にアメリカ科学振興協会(AAAS)のフェローに選ばれた。また最近、植物細胞の分裂の最終段階である細胞板形成の分子機構に関する研究により、日本植物学会 学術賞(2013年)と日本植物生理学会賞(2015年)を授与された。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 952509 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10990 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57712153 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 町田 泰則(まちだ やすのり、1948年 - )は、群馬県渋川市出身の分子生物学者(植物を材料とする)である。タバコやシロイヌナズナを用いて、植物の細胞分裂や細胞分化及び成長の仕組みを研究している。これらの業績により、2010年にアメリカ科学振興協会(AAAS)のフェローに選ばれた。また最近、植物細胞の分裂の最終段階である細胞板形成の分子機構に関する研究により、日本植物学会 学術賞(2013年)と日本植物生理学会賞(2015年)を授与された。
rdfs:label
  • 町田泰則
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of