甲標的(こうひょうてき)は大日本帝国海軍(日本海軍)において最初に開発された特殊潜航艇である。兵装として魚雷2本を艦首に装備し、鉛蓄電池によって行動する小型の潜航艇であったが、後に発電用のディーゼルエンジンを装備し、ディーゼル・エレクトリック方式となった。開発当初は洋上襲撃を企図して設計されたが、後に潜水艦の甲板に搭載し、水中から発進して港湾・泊地内部に侵入し、敵艦船を攻撃するよう戦術が転換された。

Property Value
dbo:abstract
  • 甲標的(こうひょうてき)は大日本帝国海軍(日本海軍)において最初に開発された特殊潜航艇である。兵装として魚雷2本を艦首に装備し、鉛蓄電池によって行動する小型の潜航艇であったが、後に発電用のディーゼルエンジンを装備し、ディーゼル・エレクトリック方式となった。開発当初は洋上襲撃を企図して設計されたが、後に潜水艦の甲板に搭載し、水中から発進して港湾・泊地内部に侵入し、敵艦船を攻撃するよう戦術が転換された。 (ja)
  • 甲標的(こうひょうてき)は大日本帝国海軍(日本海軍)において最初に開発された特殊潜航艇である。兵装として魚雷2本を艦首に装備し、鉛蓄電池によって行動する小型の潜航艇であったが、後に発電用のディーゼルエンジンを装備し、ディーゼル・エレクトリック方式となった。開発当初は洋上襲撃を企図して設計されたが、後に潜水艦の甲板に搭載し、水中から発進して港湾・泊地内部に侵入し、敵艦船を攻撃するよう戦術が転換された。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 240725 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 19337 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79635324 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 20140129200926 (xsd:decimal)
  • 20161115074345 (xsd:decimal)
prop-ja:title
  • --12-10
  • 情勢の変化に適応できた特殊潜航艇(甲標的)中村秀樹(防衛研究所戦史部部員) (ja)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:その他
  • 錘: 2670 kg  英語版からの誤訳の可能性あり(5kg鉛延板 534本か) (ja)
  • 錘: 2670 kg  英語版からの誤訳の可能性あり(5kg鉛延板 534本か) (ja)
prop-ja:乗員
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:備考
  • 特記なき事項は甲型の要目 (ja)
  • 特記なき事項は甲型の要目 (ja)
prop-ja:兵装
  • 45 (xsd:integer)
  • 140 (xsd:integer)
prop-ja:名称
  • 甲標的 (ja)
  • 甲標的 (ja)
prop-ja:
  • 1.8 m (ja)
  • 1.8 m (ja)
prop-ja:建造数
  • 101 (xsd:integer)
  • - 丙型 47隻 (ja)
  • - 乙型 5隻 (ja)
  • - 甲型 46隻 (ja)
  • - 試作二号機 2隻 (ja)
  • - 試作初号機 1隻 (ja)
prop-ja:排水量
  • 潜航時: 46 t (ja)
  • 潜航時: 46 t (ja)
prop-ja:推進
  • 2 (xsd:integer)
  • - 主推進スクリュー (ja)
  • - 前に136個、後ろに56個 (ja)
  • - 補助推進スクリュー  英語版からの誤訳の可能性あり 前側推進器直径1.35m、右転;後側推進器直径1.25m、左転か (ja)
  • 同軸反転スクリュー 2基 (ja)
  • 電動機1基 1800 rpm (ja)
prop-ja:潜航深度
  • 30 m (ja)
  • 30 m (ja)
prop-ja:画像
  • Attack on Pearl Harbor Japanese minisub.jpg (ja)
  • Attack on Pearl Harbor Japanese minisub.jpg (ja)
prop-ja:画像説明
  • 真珠湾に漂着した甲標的の残骸 (ja)
  • 真珠湾に漂着した甲標的の残骸 (ja)
prop-ja:種別
prop-ja:航続距離
  • 2 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 19 (xsd:integer)
prop-ja:速力
  • 浮上時: 23ノット (ja)
  • 潜航時: 19ノット (ja)
  • 浮上時: 23ノット (ja)
  • 潜航時: 19ノット (ja)
prop-ja:長さ
  • 23.9 m (ja)
  • 23.9 m (ja)
prop-ja:高さ
  • 3 m (ja)
  • 3 m (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • 甲標的(こうひょうてき)は大日本帝国海軍(日本海軍)において最初に開発された特殊潜航艇である。兵装として魚雷2本を艦首に装備し、鉛蓄電池によって行動する小型の潜航艇であったが、後に発電用のディーゼルエンジンを装備し、ディーゼル・エレクトリック方式となった。開発当初は洋上襲撃を企図して設計されたが、後に潜水艦の甲板に搭載し、水中から発進して港湾・泊地内部に侵入し、敵艦船を攻撃するよう戦術が転換された。 (ja)
  • 甲標的(こうひょうてき)は大日本帝国海軍(日本海軍)において最初に開発された特殊潜航艇である。兵装として魚雷2本を艦首に装備し、鉛蓄電池によって行動する小型の潜航艇であったが、後に発電用のディーゼルエンジンを装備し、ディーゼル・エレクトリック方式となった。開発当初は洋上襲撃を企図して設計されたが、後に潜水艦の甲板に搭載し、水中から発進して港湾・泊地内部に侵入し、敵艦船を攻撃するよう戦術が転換された。 (ja)
rdfs:label
  • 甲標的 (ja)
  • 甲標的 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of