Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 田村丸 (たむらまる) は、日本鉄道が青函航路向けに1906年(明治39年)10月、イギリス、スコットランド、ウィリアム・デニー・アンド・ブラザーズ社に発注し、1908年(明治41年)に竣工した2隻の貨客船の第2船である。帝国鉄道庁→内閣鉄道院→鉄道省が青函連絡船および稚泊連絡船として運航した。着工前の1906年(明治39年)11月1日に鉄道国有法が施行されたため、帝国鉄道庁がこの建造契約を継承した。姉妹船の比羅夫丸は日本初の蒸気タービン船で、本船は2番目であった。船名は当時の日本鉄道の社長曾我祐準の「歴史的人物の名前より」との方針で坂上田村麻呂よりとられた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1658314 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5754 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 99 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58606522 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 田村丸 (たむらまる) は、日本鉄道が青函航路向けに1906年(明治39年)10月、イギリス、スコットランド、ウィリアム・デニー・アンド・ブラザーズ社に発注し、1908年(明治41年)に竣工した2隻の貨客船の第2船である。帝国鉄道庁→内閣鉄道院→鉄道省が青函連絡船および稚泊連絡船として運航した。着工前の1906年(明治39年)11月1日に鉄道国有法が施行されたため、帝国鉄道庁がこの建造契約を継承した。姉妹船の比羅夫丸は日本初の蒸気タービン船で、本船は2番目であった。船名は当時の日本鉄道の社長曾我祐準の「歴史的人物の名前より」との方針で坂上田村麻呂よりとられた。
rdfs:label
  • 田村丸
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:姉妹船 of
is foaf:primaryTopic of