Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 田中 絹代(たなか きぬよ、1909年11月29日 - 1977年3月21日)は、日本の女優、映画監督。黎明期から日本映画界を支えた大スターであり、日本映画史を代表する大女優の一人。小津安二郎、五所平之助、溝口健二、成瀬巳喜男、清水宏、木下惠介ら大物監督に重用され、約260本の作品に出演した。14歳で松竹に入社し、清純派スターとして人気を得て、松竹の看板女優となった。戦後は年齢を経るに従って演技派として成長し、脇役を演じることが多くなるも円熟した演技を見せ、晩年は『サンダカン八番娼館 望郷』の演技でベルリン国際映画祭最優秀主演女優賞を受賞した。主な作品に『マダムと女房』『愛染かつら』『西鶴一代女』『雨月物語』『煙突の見える場所』『楢山節考』『おとうと』など。また、映画監督としても6本の作品を残している。
dbpedia-owl:birthYear
  • 1909-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathYear
  • 1977-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:notableWork
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 321486 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 17599 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 422 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58928673 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:その他の賞
  • 1947 (xsd:integer)
  • 1948 (xsd:integer)
  • 1957 (xsd:integer)
  • 1958 (xsd:integer)
  • 1960 (xsd:integer)
  • 1974 (xsd:integer)
  • キネマ旬報賞
  • 主演女優賞
  • 女優助演賞
  • 女優演技賞
  • 女優賞
  • 最優秀主演女優賞
prop-ja:ふりがな
  • たなか きぬよ
prop-ja:ジャンル
prop-ja:主な作品
  • 映画
  • 『雨月物語』
  • 『おとうと』
  • 『樅ノ木は残った (NHK大河ドラマ)』
  • 『楢山節考』
  • 『愛染かつら』
  • 『前略おふくろ様』
  • 『西鶴一代女』
  • 『女優須磨子の恋』
  • 『雲のじゅうたん』
  • 『サンダカン八番娼館 望郷』テレビドラマ
  • 『安宅家の人々』
prop-ja:出生地
  • ・山口県下関市
prop-ja:死没地
  • ・東京都文京区本郷
prop-ja:没年
  • 1977 (xsd:integer)
prop-ja:没日
  • 21 (xsd:integer)
prop-ja:没月
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:活動内容
  • 1920 (xsd:integer)
  • 1924 (xsd:integer)
  • 1925 (xsd:integer)
  • 1949 (xsd:integer)
  • 1953 (xsd:integer)
  • 1966 (xsd:integer)
  • 1977 (xsd:integer)
prop-ja:活動期間
  • 1924 (xsd:integer)
prop-ja:生年
  • 1909 (xsd:integer)
prop-ja:生日
  • 29 (xsd:integer)
prop-ja:生月
  • 11 (xsd:integer)
prop-ja:画像コメント
  • 『人生のお荷物』(1935年)
prop-ja:画像ファイル
  • Kinuyo Tanaka in Jinsei no onimotsu 1935.jpg
prop-ja:職業
prop-ja:芸名
  • 田中 絹代
prop-ja:身長
  • 152.0
prop-ja:配偶者
  • なし
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 田中 絹代(たなか きぬよ、1909年11月29日 - 1977年3月21日)は、日本の女優、映画監督。黎明期から日本映画界を支えた大スターであり、日本映画史を代表する大女優の一人。小津安二郎、五所平之助、溝口健二、成瀬巳喜男、清水宏、木下惠介ら大物監督に重用され、約260本の作品に出演した。14歳で松竹に入社し、清純派スターとして人気を得て、松竹の看板女優となった。戦後は年齢を経るに従って演技派として成長し、脇役を演じることが多くなるも円熟した演技を見せ、晩年は『サンダカン八番娼館 望郷』の演技でベルリン国際映画祭最優秀主演女優賞を受賞した。主な作品に『マダムと女房』『愛染かつら』『西鶴一代女』『雨月物語』『煙突の見える場所』『楢山節考』『おとうと』など。また、映画監督としても6本の作品を残している。
rdfs:label
  • 田中絹代
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • たなか きぬよ
  • 田中 絹代
is dbpedia-owl:director of
is dbpedia-owl:starring of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:出演者 of
is prop-ja:監督 of
is foaf:primaryTopic of