Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 田中 純(たなか じゅん、1890年(明治23年)1月19日 - 1966年(昭和41年)4月20日)は、日本の作家、文芸評論家、翻訳家。広島県広島市に生まれる。関西学院神学部を出て伝道師となるが、早稲田大学英文科を1915年(大正4年)に卒業。春陽堂に入り、『新小説』の編集に携わる。ピョートル・クロポトキン、トゥルゲーネフなどの翻訳などをしつつ、久米正雄、里見弴らと知り合い、文芸評論、小説、戯曲などを書くようになり、1920年(大正9年)に発表した「妻」で認められた。1919年(大正8年)、吉井勇とともに外務省の小村欣一の肝煎りで国民文芸会を結成し、演劇復興運動を起こす。同年、吉井、里見、久米とともに理事として雑誌『人間』を創刊、中途から植村宗一(直木三十五)が編集に当たった。キリスト教徒として節酒運動にも携わった。戦後は大正期文壇の生き証人としての文章を記した。ほかセオドア・ドライサー『アメリカの悲劇』を初めて訳した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2074506 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1631 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 48 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51051046 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 田中 純(たなか じゅん、1890年(明治23年)1月19日 - 1966年(昭和41年)4月20日)は、日本の作家、文芸評論家、翻訳家。広島県広島市に生まれる。関西学院神学部を出て伝道師となるが、早稲田大学英文科を1915年(大正4年)に卒業。春陽堂に入り、『新小説』の編集に携わる。ピョートル・クロポトキン、トゥルゲーネフなどの翻訳などをしつつ、久米正雄、里見弴らと知り合い、文芸評論、小説、戯曲などを書くようになり、1920年(大正9年)に発表した「妻」で認められた。1919年(大正8年)、吉井勇とともに外務省の小村欣一の肝煎りで国民文芸会を結成し、演劇復興運動を起こす。同年、吉井、里見、久米とともに理事として雑誌『人間』を創刊、中途から植村宗一(直木三十五)が編集に当たった。キリスト教徒として節酒運動にも携わった。戦後は大正期文壇の生き証人としての文章を記した。ほかセオドア・ドライサー『アメリカの悲劇』を初めて訳した。
rdfs:label
  • 田中純 (作家)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of