Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 産出的構想力(さんしゅつてきこうそうりょく)とはイマヌエル・カントによって提唱された哲学の概念。直感の多様な事柄が総合され統一され感覚的な対象が成立するわけである。感覚的な多様な物事が纏められる際に作用しているのは厳密には思考作用ではない。その時に作用しているのは見る事が可能な「家」などといった具体的な像を作るための作用であり、この像は感覚的な表象を纏めたからこそ現れたわけであり、知的な表象を纏めて現れたのではない。このような具体的な像を作り出すために働く悟性能力を思考と区別する形で産出的構想力とカントは呼んだ。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2764622 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 468 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 11 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48753345 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 産出的構想力(さんしゅつてきこうそうりょく)とはイマヌエル・カントによって提唱された哲学の概念。直感の多様な事柄が総合され統一され感覚的な対象が成立するわけである。感覚的な多様な物事が纏められる際に作用しているのは厳密には思考作用ではない。その時に作用しているのは見る事が可能な「家」などといった具体的な像を作るための作用であり、この像は感覚的な表象を纏めたからこそ現れたわけであり、知的な表象を纏めて現れたのではない。このような具体的な像を作り出すために働く悟性能力を思考と区別する形で産出的構想力とカントは呼んだ。
rdfs:label
  • 産出的構想力
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of