Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 生産力理論(せいさんりょくりろん)とは、1930年代後半から40年代前半にかけての時期の日本で盛んであった社会政策・経済政策の理論である。「生産力論」「生産力説」「生産力主義」とも。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2477889 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2524 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 68 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55359930 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 生産力理論(せいさんりょくりろん)とは、1930年代後半から40年代前半にかけての時期の日本で盛んであった社会政策・経済政策の理論である。「生産力論」「生産力説」「生産力主義」とも。
rdfs:label
  • 生産力理論
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:notableIdeas of
is foaf:primaryTopic of