Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 生活保護法(せいかつほごほう、昭和25年5月4日法律第144号)は、生活保護について規定した日本の法律である。社会福祉六法の1つ。生活保護法の目的は、「日本国憲法第25条に規定する理念に基き、国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長すること」(1条)とされている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 145754 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15024 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59206502 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:リンク
prop-ja:内容
  • 生活保護について
prop-ja:効力
  • 現行法
prop-ja:番号
  • --05-04
prop-ja:種類
  • 社会保障法
prop-ja:通称
  • 生保法
prop-ja:関連
  • なし
prop-ja:題名
  • 生活保護法
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 生活保護法(せいかつほごほう、昭和25年5月4日法律第144号)は、生活保護について規定した日本の法律である。社会福祉六法の1つ。生活保護法の目的は、「日本国憲法第25条に規定する理念に基き、国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長すること」(1条)とされている。
rdfs:label
  • 生活保護法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:関連 of
is foaf:primaryTopic of