Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 生の哲学(せいのてつがく、独: Lebensphilosophie、仏: philosophie de la vie、 英: philosophy of life)は、デカルト的心身二元論的な知性や理性に限定された我々の存在を超克、それより先んじて非合理的な我々の生そのものへとアプローチしていく精神史の思潮のひとつ。シュレーゲルよりも後では反形而上学的要素が強い。19世紀後半~20世紀前半に盛んになった。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 132269 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4470 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 66 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57903504 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --10-26
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 生の哲学(せいのてつがく、独: Lebensphilosophie、仏: philosophie de la vie、 英: philosophy of life)は、デカルト的心身二元論的な知性や理性に限定された我々の存在を超克、それより先んじて非合理的な我々の生そのものへとアプローチしていく精神史の思潮のひとつ。シュレーゲルよりも後では反形而上学的要素が強い。19世紀後半~20世紀前半に盛んになった。
rdfs:label
  • 生の哲学
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:研究分野 of
is foaf:primaryTopic of