Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『甘城ブリリアントパーク』(あまぎブリリアントパーク)は、賀東招二による日本のライトノベル。イラストはなかじまゆかが担当している。富士見ファンタジア文庫(富士見書房)より刊行されている。略称は『甘ブリ』。漫画化・アニメ化・日本国外での翻訳版刊行・スピンオフ小説刊行等が展開されている。
dbpedia-owl:creator
dbpedia-owl:director
dbpedia-owl:musicComposer
dbpedia-owl:productionCompany
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2714678 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 58710 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 283 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59196810 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:writer
prop-ja:aux
  • --01-18
  • --02-20
  • --04-18
  • --06-20
  • --08-20
  • --10-18
  • --10-20
  • --11-20
  • 発売日
  • 表紙
  • ミュース・サーラマ・シルフィー・コボリー・ワニピー
  • いすず・西也・レンチくん
  • はるの・ニャーソン・モッフル
  • リーリット・ニャーソン・マカロン
  • 西也・いすず・トリケン
  • 西也・いすず・モッフル
  • 西也・ラティファ・マカロン
  • 西也・ラティファ・モッフル
  • 西也・椎菜・ティラミー
prop-ja:linecolor
  • #FFB6C1
prop-ja:number
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:summary
  • 100 (xsd:integer)
  • 自分ももっと甘ブリのために役に立ちたいというラティファの思いを汲み、新企画のパレードにラティファを登場させようとの話が出る。ラティファの身の安全を第一に考えるモッフルといすずのプロデュースでパレードが試作される。
  • いよいよ存在感が希薄になりながらも甘ブリ転覆の思いだけは失わないニャーソンが、メープルランド出身のお嬢様リーリット・キーマイヤーの拉致に及び、二重スパイへと仕立てようと画策する。ところがこのリーリット、通称リリの頭の中はアニメの主人公トージョーで満たされてしまっており、瓜二つの東司を同じく立派なジゴロに仕立て上げようとする。はるのや杏子との微妙な方向感のずれも、東司の意向とは全く関係なく脳内変換により見事に補正され、結果ニャーソンにとっては東司のハーレム状態がさらに進行するという由々しき事態となるのであった。
  • 西也が設計、デザインしたエントランス・スクエアのリニューアルは大成功を収めた。西也に対し複雑な想いを寄せるいすずの気持ちを知りたいと思った西也はとある事に気が付く。あの日ラティファに貰った魔法の本当の力とその代償に。そんな中、デジマーランドのマッキー・ブラウンが甘ブリにやってくる。彼はほぼ実現不可能な目標動員数を設定された甘ブリにデジマーランドの傘下に入らないかと提案する。しかしデジマーランドの傘下に入ればパークの存続の可能性は高まるが、パークの運営はデジマーランドに委ねられ、多くの利権が抑えられ、キャストの多くがリストラにあってしまう。現在のパークの維持とパークの存続の間で悩む西也は、苦肉の策として、大阪のコズミックスタジオとデジマーランドに甘ブリの身売り先として競売に掛け、少しでも良い条件を提示させるため、裏工作を開始する。魔法を使い、その代償に心身ともにボロボロになっていった西也だが、ラティファの記憶が再び消えてしまったという報告が入る――。
  • ニャーソンはついに、友好国である東シュトーレン共和国に支援要請を行う。派遣されてきたのは東シュトーレンでも指折りの切れ者、ノエル・ラビウス中尉。リリの召喚魔法で急遽呼び寄せられ対峙するものの押され気味の東司であったが、杏子の乱入による混乱の中、ノエルを武装解除することに成功する。はたして生粋の軍人とホイップアンティークキャストの間に着地点は見出せるのか。そして、ニャーソンがバナナの皮で転んで頭を打つとき、どのような天変地異が地球を覆うのか。
  • パークリニューアルの効果とキャスト達の頑張りもあり、甘ブリの危機的状況は殆ど改善された。しかし入場者数目標達成への道がまだ見えない状況に変わりなく、目標引き上げを言い出せないままの西也といすずの苦悩は続いていた。そんな中、伴藤美衣乃の周りでは事故が多発し、美衣乃のみならずティラミーも犠牲となっていた。改めて美衣乃の調査を行ったところ、重度の呪いを受けておりその影響で周囲の人間が悪影響を受け流血沙汰に繋がっていたことが判明する。これまでのアルバイト先のように美衣乃を辞めさせることを良しとしない西也は、魔法の国から専門医を呼び寄せる。
  • 主人公・可児江西也は、転校してきた謎の美少女・千斗いすずから、いきなりマスケット銃を突きつけられ、デートの誘いを承諾させられた。いすずに連れられやってきた場所、そこはダメ遊園地として悪名高い甘城ブリリアントパーク(甘ブリ)だった。パーク内のキャストの対応に憤った西也は帰ろうとするが、いすずに引き合わされた甘ブリの支配人・ラティファ・フルーランザより、支配人代行就任を依頼される。2週間で10万人のゲスト入場者がなければ、契約により閉園を余儀なくされる状況の甘ブリとは無縁の西也であったが、生来の性格より見捨てることもできず、期間限定ということで支配人代行就任を承諾した。 翌日から西也によるプランが遂行実行され、パークは徐々に活気を取り戻してきたがその実、西也は初日の時点で如何なる布石を打ったとしても目標を達成することが厳しいと気が付いていた。そんなパークの運命を打開するため、西也は奔走する。
  • ある日、勤勉な西也にしては珍しくいすずに対しスケジュールの繰り延べを申し出てくる。体を空けた西也が向かったのは新宿の高層ビル街。尾行したいすずと椎菜は、そこで西也と15歳程度の少女が待ち合わせるのを目撃する。
  • 一方、経費削減のためPVの自主制作を命ぜられた広報部長のトリケンが作ったPVは、インパクトに欠ける出来栄えであった。そこで、西也はいすずに改良サポートを命じ、トリケンはいすずと相談しつつキャスト達の意見をPVに反映していく。
  • 西也の弥縫策により、前年度のゲスト入場目標はクリアした甘ブリであったが、新年度の4月になっても危機的な状況は続いていた。人材や資金が絶対的に不足していることを受け、西也は人材の充実を図るべく、資金難にも係わらずアルバイトの募集をかける。そんな中、面接に現れた応募者はそれぞれ光るところはあるものの皆微妙な者ばかりだった。資金の方も、早急な手当てを行わないとキャストの給料すら遅配となりかねない危機的状況であった。西也の籌策と奔走により、パーク南側の第2パーク予定地を売却する話がまとまろうとする。第二パーク予定地にはかつてパークのキャストが行方不明となったほら穴があるという。売却実現の隘路とならないかどうか、西也はいすずとモッフル達リアルキャスト数名によりほら穴調査に赴いた。
  • そんな中、いすずはミュースが見つけてきたメープルランドのソフトハウス制作カメラアプリのお試しにつきあわされる。アプリには妖精たちの人間体が写しだされるのだった。
  • パークの客足は好調だったが、ある日ミュースはエレメンタリオの前任者が全身タイツを身に着けていたことを知りショックを受ける。しかし西也はタイツの着用を認めなかった。その後、サーラマは自宅が火事になり、引っ越しできるようになるまで同僚の家を転々とすることになる。またコボリーはパークに流れる、ピンチを救う「妖精さん」の噂を確かめるために様々な人を訪ねる。一方ミュースはモッフル・アーシェ・ワニピーとともにさべーじに飲みにいく。そしてシルフィーはテンションが上がる殺虫剤の効果を試すため、色々な人にスプレーをかけて回る。
  • 第2パーク予定地売却の話もまとまり、当面の資金不足は回避することができた甘ブリであったが、代償として年間入場者数目標300万人が事業継続条件となってしまう。事態を打開する第一歩として、目睫の間に迫ったゴールデンウィークでリニューアルした「新生甘ブリ」を披露すべく、キャスト達は大型ライブショーの準備に励む。一方で、新たに甘ブリキャストに加わった人見知りな少女・中城椎菜はパークに裨益できず悩んでいた。
  • 大型ライブショー開演予定時刻となるが機器のトラブルが発生した為、ショーが開始できず、このままでは演ぜずして蹉跌をきたすことが憂慮されていた。そんな危機の中、モッフルの提案により、場つなぎとして椎菜が歌うこととなる。西也の高校生活は新学年早々、針の筵に座る思いであった。出席日数が足りず西也自身は学校を辞めても良いと考えていたが、人の不幸により得られた幸せでは意味がないとラティファにたしなめられる。打開策として幹部キャストたちが西也身の代わりで登校することとなるが、それぞれが下手を打ったために甘城高校での西也の人間関係がどんどん拗れていく。
  • 甘ブリテーマソングCDの売れ行きが予想以上に好調なため、安達映子・美衣乃・椎菜の3人でユニット「タスクフォースABC」を結成してリリースを目指すことになった。そんな中、制作に携わることとなったマカロンであったが、3人娘を連れて飲みにいった際、映子の婚約者とトラブルを起こしてしまう。それに対し、甘ブリのキャストたちは映子の父にマカロンを認めさせることで事態の沈静化を図ろうとする。映子の父の甘ブリ来場当日はマカロンの娘が数年ぶりにマカロンに会いに甘ブリにやってくる日でもあり、マカロンは人間体と妖精体を無理やり行き来しながら両者に応対こととなる。
  • ゲスト来場者数が順調に伸びてきている甘ブリであったが、同時に各アトラクションの待ち時間も大幅に伸びてしまっていた。このままでは夏休みには120分待ちにもなりかねない「モッフルのお菓子ハウス」の状況改善を西也は求める。しかしそれは、現在のコアユーザーにも十分満足してもらえ、自身にとっても満足の行く出来であるアトラクション構成を捨てるということでもあった。エンターテイナーとしてのこだわりとの間でモッフルは苦悩する。
prop-ja:summarystyle
  • font-size: 90%;
prop-ja:title
  • タイトル
  • 甘城ブリリアントパーク メープルサモナー2
  • 甘城ブリリアントパーク 1
  • 甘城ブリリアントパーク 2
  • 甘城ブリリアントパーク 3
  • 甘城ブリリアントパーク 4
  • 甘城ブリリアントパーク 5
  • 甘城ブリリアントパーク 6
  • 甘城ブリリアントパーク 7
  • 甘城ブリリアントパーク メープルサモナー1
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:その他
  • 賀東招二(原案・監修)
prop-ja:アニメーション制作
prop-ja:イラスト
prop-ja:ウィキプロジェクト
prop-ja:ウィキポータル
prop-ja:キャラクターデザイン
  • 門脇未来
prop-ja:シリーズ構成
prop-ja:タイトル
  • 甘城ブリリアントパーク メープルサモナー
  • 甘城ブリリアントパーク
  • 甘城ブリリアントパーク The Animation
  • 甘城ブリリアントパーク?ふも
prop-ja:レーベル
prop-ja:他出版社
prop-ja:作画
prop-ja:作者
  • なかじまゆか(キャラクター原案)
  • 甘ブリ再生委員会
  • 賀東招二(原作)
prop-ja:出版社
prop-ja:前番組
prop-ja:原作
  • 賀東招二
prop-ja:巻数
  • 全3巻
  • 既刊2巻
  • 既刊3巻
  • 既刊7巻
  • 既刊5巻(2016年3月現在)
prop-ja:掲載誌
prop-ja:放送局
prop-ja:放送枠
  • 136.0
prop-ja:放送終了
  • --02-01
prop-ja:放送開始
  • 2014 (xsd:integer)
prop-ja:次番組
prop-ja:番組名
  • 甘城ブリリアントパーク
prop-ja:発行日
  • --12-29
prop-ja:監督
prop-ja:終了
  • --02-20
prop-ja:背景色
  • #c9d3e8
prop-ja:著者
prop-ja:製作
  • 甘ブリ再生委員会、TBS
prop-ja:話数
  • 全13話+未放送1話
prop-ja:開始
  • --02-20
  • --10-18
prop-ja:開始号
  • 2014 (xsd:integer)
prop-ja:音楽
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『甘城ブリリアントパーク』(あまぎブリリアントパーク)は、賀東招二による日本のライトノベル。イラストはなかじまゆかが担当している。富士見ファンタジア文庫(富士見書房)より刊行されている。略称は『甘ブリ』。漫画化・アニメ化・日本国外での翻訳版刊行・スピンオフ小説刊行等が展開されている。
rdfs:label
  • 甘城ブリリアントパーク
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 甘城ブリリアントパーク
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:前番組 of
is prop-ja:挿絵 of
is prop-ja:次番組 of
is foaf:primaryTopic of