Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 環状グアノシン一リン酸(Cyclic guanosine monophosphate、cGMP)は、グアノシン三リン酸(GTP)から誘導される環状ヌクレオチドである。cGMPは環状アデノシン一リン酸と同様にセカンドメッセンジャーとして利用される。ペプチドホルモンが細胞膜に結合するとプロテインキナーゼを活性化させる作用がよく知られている。
dbpedia-owl:casNumber
  • 7665-99-8
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1300333 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1644 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47489566 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • 7665 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • 環状グアノシン一リン酸
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:分子式
  • C10H12N5O7P
prop-ja:分子量
  • 345.206000 (xsd:double)
prop-ja:構造式
  • 200 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 環状グアノシン一リン酸(Cyclic guanosine monophosphate、cGMP)は、グアノシン三リン酸(GTP)から誘導される環状ヌクレオチドである。cGMPは環状アデノシン一リン酸と同様にセカンドメッセンジャーとして利用される。ペプチドホルモンが細胞膜に結合するとプロテインキナーゼを活性化させる作用がよく知られている。
rdfs:label
  • 環状グアノシン一リン酸
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 環状グアノシン一リン酸
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of