Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 環状アデノシン二リン酸リボース(かんじょうアデノシンにリンさんリボース、Cyclic ADP-ribose、cADPR)は、アデノシンの5'位に2つのリン酸基が結合してさらに5'位で別のリボースと結合し、それがアデニンのN1の位置とグリコシド結合を作って環状化した、環状のアデノシンヌクレオチドである。これは、ADPリボシルシクラーゼの作用によってニコチンアミドアデニンジヌクレオチドからセカンドメッセンジャーとして作られる。
dbpedia-owl:casNumber
  • 119340-53-3
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1386784 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2298 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55652887 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • 119340 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • 環状アデノシン二リン酸リボース
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:分子式
  • C15H21N5O13P2
prop-ja:分子量
  • 541.301000 (xsd:double)
prop-ja:別名
  • cADPR
prop-ja:構造式
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:融点注
  • 分解点
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 環状アデノシン二リン酸リボース(かんじょうアデノシンにリンさんリボース、Cyclic ADP-ribose、cADPR)は、アデノシンの5'位に2つのリン酸基が結合してさらに5'位で別のリボースと結合し、それがアデニンのN1の位置とグリコシド結合を作って環状化した、環状のアデノシンヌクレオチドである。これは、ADPリボシルシクラーゼの作用によってニコチンアミドアデニンジヌクレオチドからセカンドメッセンジャーとして作られる。
rdfs:label
  • 環状アデノシン二リン酸リボース
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • cADPR
  • 環状アデノシン二リン酸リボース
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of