Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 環状アデノシン一リン酸(かんじょうアデノシンいちリンさん; cyclic AMP, cAMP (さいくりっくエーエムピー), 環状AMP, 3'-5'-アデノシン一リン酸)は、アデノシン三リン酸 (ATP) から合成され、リボースの 3', 5' とリン酸が環状になっている分子。cAMPは、グルカゴンやアドレナリンといったホルモン伝達の際の細胞内シグナル伝達においてセカンドメッセンジャーとして働く。細胞膜を通り抜ける事はできない。その主な作用はタンパク質リン酸化酵素(タンパク質キナーゼ)の活性化で、これはイオンチャネルを通して、Ca2+の通過を調節する事にも使われる。
dbpedia-owl:imageSize
  • 150 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 282741 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3172 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57523120 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefilel
  • Cyclic-adenosine-monophosphate-2D-skeletal.png
prop-ja:imagefiler
  • Cyclic-adenosine-monophosphate-3D-balls.png
prop-ja:imagesizel
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:imagesizer
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:verifiedrevid
  • 476994238 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 環状アデノシン一リン酸(かんじょうアデノシンいちリンさん; cyclic AMP, cAMP (さいくりっくエーエムピー), 環状AMP, 3'-5'-アデノシン一リン酸)は、アデノシン三リン酸 (ATP) から合成され、リボースの 3', 5' とリン酸が環状になっている分子。cAMPは、グルカゴンやアドレナリンといったホルモン伝達の際の細胞内シグナル伝達においてセカンドメッセンジャーとして働く。細胞膜を通り抜ける事はできない。その主な作用はタンパク質リン酸化酵素(タンパク質キナーゼ)の活性化で、これはイオンチャネルを通して、Ca2+の通過を調節する事にも使われる。
rdfs:label
  • 環状アデノシン一リン酸
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of