Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『現観荘厳論』(げんかんしょうごんろん、梵: Abhisamaya-alaṅkāra)とは、大乗仏教瑜伽行唯識派の祖であるマイトレーヤ(弥勒)の著作とされる『般若経』の綱要についての論書。チベット仏教における「弥勒五論」の一著。中観派のヴィムクティセーナ(解脱軍)やハリバドラ(獅子賢)等による註釈が有名で、チベット仏教にも大きな影響を与えた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2970979 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 487 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 11 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59110104 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『現観荘厳論』(げんかんしょうごんろん、梵: Abhisamaya-alaṅkāra)とは、大乗仏教瑜伽行唯識派の祖であるマイトレーヤ(弥勒)の著作とされる『般若経』の綱要についての論書。チベット仏教における「弥勒五論」の一著。中観派のヴィムクティセーナ(解脱軍)やハリバドラ(獅子賢)等による註釈が有名で、チベット仏教にも大きな影響を与えた。
rdfs:label
  • 現観荘厳論
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of