Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 現像(げんぞう)とは、銀塩写真において、露光することによって撮影された写真・映画の感光材料(フィルム・乾板・印画紙)を薬品(現像液)で処理して、画像・映像(潜像)を出現・可視化(顕像)させることである。この定義は、英語等でいう developing であって、日本語では、英語でいう processing の指す範囲、つまり、 developing から fixing (定着)まで(現像を開始したフィルムが感光性を失い安定するまで)の一連の行程を指す。したがって、広義の「現像」を日本語でもプロセスとも呼ぶ。さらには、印画紙へ拡大して焼きつける引き伸ばしまで、暗室操作を含めていう場合もある。デジタルカメラの場合、RAW画像で撮影したデータをソフトウェアでレタッチしてJPEGやTIFFなどのデータファイルとして出力する処理・過程を現像という。前述の流れで撮影した画像データの引き延ばしまでも「現像」と呼ぶ場合もある(⇒ 現像#RAW現像)。⇒ RAW現像半導体素子等の分野のフォトリソグラフィでも、現像の語を用いるが、本項では扱わない。⇒ フォトリソグラフィ#現像・リンス本項ではおもに、デジタルな現像ではなく、フィルム等の感光材料を化学的に処理するものを扱う。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 77266 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16688 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 154 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58981822 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --01-01
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 現像(げんぞう)とは、銀塩写真において、露光することによって撮影された写真・映画の感光材料(フィルム・乾板・印画紙)を薬品(現像液)で処理して、画像・映像(潜像)を出現・可視化(顕像)させることである。この定義は、英語等でいう developing であって、日本語では、英語でいう processing の指す範囲、つまり、 developing から fixing (定着)まで(現像を開始したフィルムが感光性を失い安定するまで)の一連の行程を指す。したがって、広義の「現像」を日本語でもプロセスとも呼ぶ。さらには、印画紙へ拡大して焼きつける引き伸ばしまで、暗室操作を含めていう場合もある。デジタルカメラの場合、RAW画像で撮影したデータをソフトウェアでレタッチしてJPEGやTIFFなどのデータファイルとして出力する処理・過程を現像という。前述の流れで撮影した画像データの引き延ばしまでも「現像」と呼ぶ場合もある(⇒ 現像#RAW現像)。⇒ RAW現像半導体素子等の分野のフォトリソグラフィでも、現像の語を用いるが、本項では扱わない。⇒ フォトリソグラフィ#現像・リンス本項ではおもに、デジタルな現像ではなく、フィルム等の感光材料を化学的に処理するものを扱う。
rdfs:label
  • 現像
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:職業 of
is foaf:primaryTopic of