Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 現代短歌新人賞(げんだいたんかしんじんしょう)は、日本の短歌の賞。主催はさいたま市とさいたま市教育委員会。後援は文化庁・埼玉県・埼玉県教育委員会。協賛は文化出版局「ミセス」編集部。 歌壇に新風をもたらす歌人を表彰し、新人芸術家の発掘および支援を行うことを通じて、市民の文学活動の充実と日本現代短歌界の振興を目的に2000年に設立された。毎年10月1日から翌年の9月30日までの間に刊行された、原則として第一歌集に贈られる。なお「第一歌集」は原則であって、第二、第三歌集が必ずしも対象外という趣旨ではない。選考は、歌人約180名に対するアンケートの結果多くの推薦を受けた歌集および選考委員が推薦する歌集をあわせ、選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として賞状、副賞として賞金50万円、さいたま市と文化出版局から記念品が贈呈される。2014年度の選考委員は中村稔、馬場あき子、篠弘、小池光、栗木京子の5人。授賞式は毎年3月にさいたま市内で開催される。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3240010 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1911 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58760269 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 現代短歌新人賞(げんだいたんかしんじんしょう)は、日本の短歌の賞。主催はさいたま市とさいたま市教育委員会。後援は文化庁・埼玉県・埼玉県教育委員会。協賛は文化出版局「ミセス」編集部。 歌壇に新風をもたらす歌人を表彰し、新人芸術家の発掘および支援を行うことを通じて、市民の文学活動の充実と日本現代短歌界の振興を目的に2000年に設立された。毎年10月1日から翌年の9月30日までの間に刊行された、原則として第一歌集に贈られる。なお「第一歌集」は原則であって、第二、第三歌集が必ずしも対象外という趣旨ではない。選考は、歌人約180名に対するアンケートの結果多くの推薦を受けた歌集および選考委員が推薦する歌集をあわせ、選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として賞状、副賞として賞金50万円、さいたま市と文化出版局から記念品が贈呈される。2014年度の選考委員は中村稔、馬場あき子、篠弘、小池光、栗木京子の5人。授賞式は毎年3月にさいたま市内で開催される。
rdfs:label
  • 現代短歌新人賞
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of