現代仮名遣い(げんだいかなづかい)とは、広義には歴史的仮名遣に対して戦後制定された新しい仮名遣いのことを言う。 狭義には1986年7月1日に昭和61年内閣告示第1号として公布された日本語の仮名遣いを言う。これは1946年に出された昭和21年内閣告示第33号「現代かなづかい」を改定したものである。よって、その「現代かなづかい」についてもこの項で扱う。 改定前の「現代かなづかい」は表音表記を目指しながら、一部に歴史的仮名遣と妥協したものであり、それを改定した「現代仮名遣い」もまたその姿勢は変わらない。歴史的仮名遣の表語部分を含むために正書法であるとされ、それが現代仮名遣いにおける準則である。これら仮名遣の準則による表音的ではない表記を認めることについては「妥協」「許容」の表現があり、「許容」の場合は原則が表音である違いがある。 本稿では、一般的な仮名による正書法の意味では「仮名遣」、思想の異なる二系統を「歴史的仮名遣」「現代仮名遣い」として、表記を統一する。「現代かなづかい」とする場合は「現代仮名遣い」以前のものである。

Property Value
dbo:abstract
  • 現代仮名遣い(げんだいかなづかい)とは、広義には歴史的仮名遣に対して戦後制定された新しい仮名遣いのことを言う。 狭義には1986年7月1日に昭和61年内閣告示第1号として公布された日本語の仮名遣いを言う。これは1946年に出された昭和21年内閣告示第33号「現代かなづかい」を改定したものである。よって、その「現代かなづかい」についてもこの項で扱う。 改定前の「現代かなづかい」は表音表記を目指しながら、一部に歴史的仮名遣と妥協したものであり、それを改定した「現代仮名遣い」もまたその姿勢は変わらない。歴史的仮名遣の表語部分を含むために正書法であるとされ、それが現代仮名遣いにおける準則である。これら仮名遣の準則による表音的ではない表記を認めることについては「妥協」「許容」の表現があり、「許容」の場合は原則が表音である違いがある。 本稿では、一般的な仮名による正書法の意味では「仮名遣」、思想の異なる二系統を「歴史的仮名遣」「現代仮名遣い」として、表記を統一する。「現代かなづかい」とする場合は「現代仮名遣い」以前のものである。 (ja)
  • 現代仮名遣い(げんだいかなづかい)とは、広義には歴史的仮名遣に対して戦後制定された新しい仮名遣いのことを言う。 狭義には1986年7月1日に昭和61年内閣告示第1号として公布された日本語の仮名遣いを言う。これは1946年に出された昭和21年内閣告示第33号「現代かなづかい」を改定したものである。よって、その「現代かなづかい」についてもこの項で扱う。 改定前の「現代かなづかい」は表音表記を目指しながら、一部に歴史的仮名遣と妥協したものであり、それを改定した「現代仮名遣い」もまたその姿勢は変わらない。歴史的仮名遣の表語部分を含むために正書法であるとされ、それが現代仮名遣いにおける準則である。これら仮名遣の準則による表音的ではない表記を認めることについては「妥協」「許容」の表現があり、「許容」の場合は原則が表音である違いがある。 本稿では、一般的な仮名による正書法の意味では「仮名遣」、思想の異なる二系統を「歴史的仮名遣」「現代仮名遣い」として、表記を統一する。「現代かなづかい」とする場合は「現代仮名遣い」以前のものである。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 46386 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 17290 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80948216 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2014 (xsd:integer)
  • 2020 (xsd:integer)
  • --02-01
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • --02-01
prop-ja:参照方法
  • 2014 (xsd:integer)
prop-ja:独自研究
  • 2020 (xsd:integer)
prop-ja:観点
  • --02-01
dct:subject
rdfs:comment
  • 現代仮名遣い(げんだいかなづかい)とは、広義には歴史的仮名遣に対して戦後制定された新しい仮名遣いのことを言う。 狭義には1986年7月1日に昭和61年内閣告示第1号として公布された日本語の仮名遣いを言う。これは1946年に出された昭和21年内閣告示第33号「現代かなづかい」を改定したものである。よって、その「現代かなづかい」についてもこの項で扱う。 改定前の「現代かなづかい」は表音表記を目指しながら、一部に歴史的仮名遣と妥協したものであり、それを改定した「現代仮名遣い」もまたその姿勢は変わらない。歴史的仮名遣の表語部分を含むために正書法であるとされ、それが現代仮名遣いにおける準則である。これら仮名遣の準則による表音的ではない表記を認めることについては「妥協」「許容」の表現があり、「許容」の場合は原則が表音である違いがある。 本稿では、一般的な仮名による正書法の意味では「仮名遣」、思想の異なる二系統を「歴史的仮名遣」「現代仮名遣い」として、表記を統一する。「現代かなづかい」とする場合は「現代仮名遣い」以前のものである。 (ja)
  • 現代仮名遣い(げんだいかなづかい)とは、広義には歴史的仮名遣に対して戦後制定された新しい仮名遣いのことを言う。 狭義には1986年7月1日に昭和61年内閣告示第1号として公布された日本語の仮名遣いを言う。これは1946年に出された昭和21年内閣告示第33号「現代かなづかい」を改定したものである。よって、その「現代かなづかい」についてもこの項で扱う。 改定前の「現代かなづかい」は表音表記を目指しながら、一部に歴史的仮名遣と妥協したものであり、それを改定した「現代仮名遣い」もまたその姿勢は変わらない。歴史的仮名遣の表語部分を含むために正書法であるとされ、それが現代仮名遣いにおける準則である。これら仮名遣の準則による表音的ではない表記を認めることについては「妥協」「許容」の表現があり、「許容」の場合は原則が表音である違いがある。 本稿では、一般的な仮名による正書法の意味では「仮名遣」、思想の異なる二系統を「歴史的仮名遣」「現代仮名遣い」として、表記を統一する。「現代かなづかい」とする場合は「現代仮名遣い」以前のものである。 (ja)
rdfs:label
  • 現代仮名遣い (ja)
  • 現代仮名遣い (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of