Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 珪肺または硅肺(けいはい、Silicosis、Potter's rot)は、結晶シリカ(ケイ酸)粉塵を吸入することで生じる職業性肺疾患の一種で、結節をともなう肺上葉の炎症と瘢痕を特徴とする。塵肺の一種に分類される。珪肺症、硅肺症、珪粉症、硅粉症などともいう。古くは「よろけ」と呼ばれた。特に急性のものは、呼吸困難、咳、熱、チアノーゼを特徴とする。しばしば肺水腫、肺炎、結核と誤診されることがある。 silicosis(ラテン語silex「火打石」より)という語は1870年にアキッレ・ヴィスコンティによって初めて用いられたが、粉塵を吸い込むと呼吸器に問題を起こすことは古代ギリシア・ローマ時代から知られていた。16世紀半ばにはゲオルク・アグリコラが粉塵吸入による鉱夫の肺病について記録しており、1713年にはベルナルディーノ・ラマッツィーニが、石切職人に喘息様の症状がみられ、肺には砂のようなものがたまっていたと書き記している。産業機械の発達により、手作業の時代と比べ発生する粉塵の量は増大し、1897年の手持ち削岩機の使用開始と1904年頃のサンドブラスト導入は、ともに珪肺有病率増加の大きな要因となった。
dbpedia-owl:commonName
  • 珪肺
dbpedia-owl:icd10
  • J62
dbpedia-owl:icd9
  • 502
dbpedia-owl:meshId
  • D012829
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1217653 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 18434 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 158 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59103285 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:diseasesdb
  • 12117 (xsd:integer)
prop-ja:emedicinesubj
  • med
prop-ja:emedicinetopic
  • 2127 (xsd:integer)
prop-ja:icd
  • 502 (xsd:integer)
  • J62
prop-ja:medlineplus
  • 134 (xsd:integer)
prop-ja:meshid
  • D012829
prop-ja:name
  • 珪肺
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 珪肺または硅肺(けいはい、Silicosis、Potter's rot)は、結晶シリカ(ケイ酸)粉塵を吸入することで生じる職業性肺疾患の一種で、結節をともなう肺上葉の炎症と瘢痕を特徴とする。塵肺の一種に分類される。珪肺症、硅肺症、珪粉症、硅粉症などともいう。古くは「よろけ」と呼ばれた。特に急性のものは、呼吸困難、咳、熱、チアノーゼを特徴とする。しばしば肺水腫、肺炎、結核と誤診されることがある。 silicosis(ラテン語silex「火打石」より)という語は1870年にアキッレ・ヴィスコンティによって初めて用いられたが、粉塵を吸い込むと呼吸器に問題を起こすことは古代ギリシア・ローマ時代から知られていた。16世紀半ばにはゲオルク・アグリコラが粉塵吸入による鉱夫の肺病について記録しており、1713年にはベルナルディーノ・ラマッツィーニが、石切職人に喘息様の症状がみられ、肺には砂のようなものがたまっていたと書き記している。産業機械の発達により、手作業の時代と比べ発生する粉塵の量は増大し、1897年の手持ち削岩機の使用開始と1904年頃のサンドブラスト導入は、ともに珪肺有病率増加の大きな要因となった。
rdfs:label
  • 珪肺
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of