Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 珪孔雀石(けいくじゃくせき、chrysocolla、クリソコラ)とは、ケイ酸塩鉱物の一種。孔雀石(Cu2(CO3)(OH)2)の炭酸がフィロケイ酸に置き換わったような組成であり、孔雀石と同時に産出されることも多い。ただし、孔雀石と違って塩酸では発泡しない点から区別できる。語源はギリシャ語で「金のはんだ」を意味するが、この鉱石が用いられたとは思えないことから、何か別の物と混同されたと考えられている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1498225 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1926 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 52 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58422174 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:光沢
  • ガラス光沢
prop-ja:分類
prop-ja:劈開
  • なし
prop-ja:晶系
prop-ja:条痕
prop-ja:比重
  • 1.900000 (xsd:double)
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • アメリカ合衆国ネバダ州産
prop-ja:硬度
  • 2.500000 (xsd:double)
prop-ja:組成
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:
prop-ja:鉱物名
  • 珪孔雀石 chrysocolla
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 珪孔雀石(けいくじゃくせき、chrysocolla、クリソコラ)とは、ケイ酸塩鉱物の一種。孔雀石(Cu2(CO3)(OH)2)の炭酸がフィロケイ酸に置き換わったような組成であり、孔雀石と同時に産出されることも多い。ただし、孔雀石と違って塩酸では発泡しない点から区別できる。語源はギリシャ語で「金のはんだ」を意味するが、この鉱石が用いられたとは思えないことから、何か別の物と混同されたと考えられている。
rdfs:label
  • 珪孔雀石
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:imageCaption of
is prop-ja:products of
is foaf:primaryTopic of