Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 王 遵(おう じゅん)は、中国の人物。瑯邪王氏の王遵。字は伯業。王崇の子、王音(『新唐書』唐宰相世系表十二中では、その子王仁と同人物とする)の父。後漢の光武帝に仕えて、中大夫となり、義郷侯に封じられた。下記の本記事の項で2人の王遵を述べる。王 遵(おう じゅん、生没年不詳)は、新代から後漢時代初期にかけての政治家、武将。光武帝に仕え、30年に楽浪郡の王調が、楽浪太守の劉憲を殺害して、自ら楽浪太守と称した。光武帝は王遵に楽浪遠征を命じた。しかし、王調はすでに楽浪郡の人々に滅ぼされた後であった。まもなく王遵は楽浪太守に任命された。王遵は崔理ら王調の関係者に反乱の有無を不問にしてこれを許した。王 遵(おう じゅん、生没年不詳)は、新代から後漢時代初期にかけての政治家、武将。字は子春。司隷京兆尹覇陵県の人。父は上郡太守で、諱は不詳。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1295034 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2381 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 58 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57233535 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 王 遵(おう じゅん)は、中国の人物。瑯邪王氏の王遵。字は伯業。王崇の子、王音(『新唐書』唐宰相世系表十二中では、その子王仁と同人物とする)の父。後漢の光武帝に仕えて、中大夫となり、義郷侯に封じられた。下記の本記事の項で2人の王遵を述べる。王 遵(おう じゅん、生没年不詳)は、新代から後漢時代初期にかけての政治家、武将。光武帝に仕え、30年に楽浪郡の王調が、楽浪太守の劉憲を殺害して、自ら楽浪太守と称した。光武帝は王遵に楽浪遠征を命じた。しかし、王調はすでに楽浪郡の人々に滅ぼされた後であった。まもなく王遵は楽浪太守に任命された。王遵は崔理ら王調の関係者に反乱の有無を不問にしてこれを許した。王 遵(おう じゅん、生没年不詳)は、新代から後漢時代初期にかけての政治家、武将。字は子春。司隷京兆尹覇陵県の人。父は上郡太守で、諱は不詳。
rdfs:label
  • 王遵
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of