Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 王立バイエルン邦有鉄道PtL2/2型蒸気機関車(おうりつバイエルンほうゆうてつどうPtL2/2がたじょうききかんしゃ、ドイツ語: Bayerische PtL 2/2)は、王立バイエルン邦有鉄道(バイエルン国鉄)の主に支線で運行されていた小型過熱式蒸気機関車である。PtL2/2型はさらに3種類に分類され、このうち2種類はドイツ国営鉄道(ドイツ国鉄)により98.3形となって、さらに第二次世界大戦後のドイツ連邦鉄道(西ドイツ国鉄)にも継承された。すべての種類が車軸配置Bで、ワンマン運転を可能とする半自動重力式給炭装置を備え、手すりの付いたデッキを前後に備えて安全に客車に移動できるようになっていた。また側面に3枚の窓を備えた大きな運転台が、ボイラーから煙室までをすべて覆うように載せられていた。この特徴から「ガラス箱」(Glaskasten) という愛称が付けられていた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2618437 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5101 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52891676 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:axleload
  • 13.500000 (xsd:double)
  • 10.6
prop-ja:boilerpressure
  • 12 (xsd:integer)
prop-ja:builddate
  • 1905 (xsd:integer)
  • 1908 (xsd:integer)
prop-ja:builder
prop-ja:caption
  • ボーフム=ダールハウゼンにて、98 307号機(1985年)
prop-ja:cylindercount
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:cylindersize
  • 320.0
prop-ja:displacement
  • 400.0
prop-ja:driverdiameter
  • 1006.0
prop-ja:firearea
  • 0.6
prop-ja:fluearea
  • 156 (xsd:integer)
prop-ja:fueltype
  • 石炭
prop-ja:gauge
  • 1435 (xsd:integer)
prop-ja:hpcylindersize
  • 305.0
prop-ja:jnrwheels
  • B
prop-ja:length
  • 7004 (xsd:integer)
  • 7004.0
prop-ja:locoweight
  • 22.700000 (xsd:double)
  • 21.3
prop-ja:lpcylindersize
  • 365.0
prop-ja:name
  • 王立バイエルン邦有鉄道PtL2/2型蒸気機関車
  • (ドイツ国鉄98.3形蒸気機関車)
prop-ja:poweroutput
  • 155 (xsd:integer)
prop-ja:powertype
  • 蒸気
prop-ja:topspeed
  • 50.0
prop-ja:totalproduction
  • 6 (xsd:integer)
  • 42 (xsd:integer)
prop-ja:totalsurface
  • 37.0
  • 28.9
prop-ja:trainbrakes
prop-ja:weightondrivers
  • 22.700000 (xsd:double)
  • 21.3
prop-ja:whytetype
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 王立バイエルン邦有鉄道PtL2/2型蒸気機関車(おうりつバイエルンほうゆうてつどうPtL2/2がたじょうききかんしゃ、ドイツ語: Bayerische PtL 2/2)は、王立バイエルン邦有鉄道(バイエルン国鉄)の主に支線で運行されていた小型過熱式蒸気機関車である。PtL2/2型はさらに3種類に分類され、このうち2種類はドイツ国営鉄道(ドイツ国鉄)により98.3形となって、さらに第二次世界大戦後のドイツ連邦鉄道(西ドイツ国鉄)にも継承された。すべての種類が車軸配置Bで、ワンマン運転を可能とする半自動重力式給炭装置を備え、手すりの付いたデッキを前後に備えて安全に客車に移動できるようになっていた。また側面に3枚の窓を備えた大きな運転台が、ボイラーから煙室までをすべて覆うように載せられていた。この特徴から「ガラス箱」(Glaskasten) という愛称が付けられていた。
rdfs:label
  • 王立バイエルン邦有鉄道PtL2/2型蒸気機関車
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of