王政復古(おうせいふっこ)は、日本において、明治維新により武家政治を廃し君主政体に復した政治転換を指す語。徳川慶喜の大政奉還を受けて、1868年1月3日(慶応3年12月9日)、明治天皇より王政復古の大号令が発せられ、江戸幕府廃止、同時に摂政・関白等の廃止と三職の設置、諸事神武創業のはじめに基づき、至当の公議をつくすことが宣言され、新政府が成立した。

Property Value
dbo:abstract
  • 王政復古(おうせいふっこ)は、日本において、明治維新により武家政治を廃し君主政体に復した政治転換を指す語。徳川慶喜の大政奉還を受けて、1868年1月3日(慶応3年12月9日)、明治天皇より王政復古の大号令が発せられ、江戸幕府廃止、同時に摂政・関白等の廃止と三職の設置、諸事神武創業のはじめに基づき、至当の公議をつくすことが宣言され、新政府が成立した。 (ja)
  • 王政復古(おうせいふっこ)は、日本において、明治維新により武家政治を廃し君主政体に復した政治転換を指す語。徳川慶喜の大政奉還を受けて、1868年1月3日(慶応3年12月9日)、明治天皇より王政復古の大号令が発せられ、江戸幕府廃止、同時に摂政・関白等の廃止と三職の設置、諸事神武創業のはじめに基づき、至当の公議をつくすことが宣言され、新政府が成立した。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 21007 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 11199 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81317797 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 王政復古(おうせいふっこ)は、日本において、明治維新により武家政治を廃し君主政体に復した政治転換を指す語。徳川慶喜の大政奉還を受けて、1868年1月3日(慶応3年12月9日)、明治天皇より王政復古の大号令が発せられ、江戸幕府廃止、同時に摂政・関白等の廃止と三職の設置、諸事神武創業のはじめに基づき、至当の公議をつくすことが宣言され、新政府が成立した。 (ja)
  • 王政復古(おうせいふっこ)は、日本において、明治維新により武家政治を廃し君主政体に復した政治転換を指す語。徳川慶喜の大政奉還を受けて、1868年1月3日(慶応3年12月9日)、明治天皇より王政復古の大号令が発せられ、江戸幕府廃止、同時に摂政・関白等の廃止と三職の設置、諸事神武創業のはじめに基づき、至当の公議をつくすことが宣言され、新政府が成立した。 (ja)
rdfs:label
  • 王政復古 (日本) (ja)
  • 王政復古 (日本) (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of