Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 王弥(おう び、? - 311年)は、中国五胡十六国時代の漢(前趙)の軍人。劉淵の配下として洛陽攻略などの功績を挙げたが、石勒と対立して殺された。東莱出身。劉淵が洛陽で任子の時の友人であった。王氏は歴世の二千石(官職の給料の最高額。転じてある程度以上の官職のことを指す)の家であり、祖父の王頎は西晋の武帝の時に汝南太守を務めていた。306年、2月に劉柏根が西晋に対して反乱を起こし、王弥はこれに従って青州・徐州を暴れまわった。王弥には人並み外れた力と弓馬の腕前があり、飛豹と称していた。劉柏根の死後は残党を集めて自ら首領と成り、その兵は数万となった。308年3月に青州・徐州・兗州・豫州を攻略、4月に許昌に入城した。5月に洛陽を攻めるが失敗する。その後劉淵に臣従、皇帝を名乗ることを進言し、鎮東大将軍・青州・徐州の牧・東莱公とされた。309年には劉淵の命で劉淵の息子劉聡と共に洛陽を攻めるが失敗する。311年、劉曜・石勒と共に再び洛陽を攻めて陥落させて懐帝を捕虜とした。この時をもって実質的に西晋は滅びた(永嘉の乱)。しかし、洛陽を落とす際に劉曜に断り無しに入城し、略奪を咎められたりしたことで劉曜と対立するようになった。劉聡から大将軍・斉公とされ、自らの軍をまとめて東へ帰り割拠しようとしたが、途中で石勒から宴席に誘い出され殺された。王弥の勢力は石勒に取り込まれ、以後の東方平定は石勒が代わりに務め、後に石勒が前趙から自立する足掛かりとなった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 410952 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 925 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56760846 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 王弥(おう び、? - 311年)は、中国五胡十六国時代の漢(前趙)の軍人。劉淵の配下として洛陽攻略などの功績を挙げたが、石勒と対立して殺された。東莱出身。劉淵が洛陽で任子の時の友人であった。王氏は歴世の二千石(官職の給料の最高額。転じてある程度以上の官職のことを指す)の家であり、祖父の王頎は西晋の武帝の時に汝南太守を務めていた。306年、2月に劉柏根が西晋に対して反乱を起こし、王弥はこれに従って青州・徐州を暴れまわった。王弥には人並み外れた力と弓馬の腕前があり、飛豹と称していた。劉柏根の死後は残党を集めて自ら首領と成り、その兵は数万となった。308年3月に青州・徐州・兗州・豫州を攻略、4月に許昌に入城した。5月に洛陽を攻めるが失敗する。その後劉淵に臣従、皇帝を名乗ることを進言し、鎮東大将軍・青州・徐州の牧・東莱公とされた。309年には劉淵の命で劉淵の息子劉聡と共に洛陽を攻めるが失敗する。311年、劉曜・石勒と共に再び洛陽を攻めて陥落させて懐帝を捕虜とした。この時をもって実質的に西晋は滅びた(永嘉の乱)。しかし、洛陽を落とす際に劉曜に断り無しに入城し、略奪を咎められたりしたことで劉曜と対立するようになった。劉聡から大将軍・斉公とされ、自らの軍をまとめて東へ帰り割拠しようとしたが、途中で石勒から宴席に誘い出され殺された。王弥の勢力は石勒に取り込まれ、以後の東方平定は石勒が代わりに務め、後に石勒が前趙から自立する足掛かりとなった。
rdfs:label
  • 王弥
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of