Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 王党派(おうとうは、英: royalist)は、王制を支持する政治党派である。フランスのように王制支持派と帝政支持派が対立するケースもあり狭義にはあくまで王制のみの支持派を意味するが、広義には帝政支持派も王党派と呼ぶこともある。共和派とは当然対立する。また国王親政を支持する勢力のみを指し、議院内閣制を前提とする立憲君主制の支持勢力を含まない場合もある。市民革命においては国民主権を主張する共和派と対立し、国王および王権(国王主権)を支持する勢力であるが、必ずしも貴族が王党派というわけではなく、保守的なブルジョワジー、市民や農民も、王党派の支持基盤であった。現在でもフランス、イタリア、ドイツ、オーストリアなどで王政(帝政)復古を目指す王党派が少数活動している。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 33834 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3446 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56750372 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 王党派(おうとうは、英: royalist)は、王制を支持する政治党派である。フランスのように王制支持派と帝政支持派が対立するケースもあり狭義にはあくまで王制のみの支持派を意味するが、広義には帝政支持派も王党派と呼ぶこともある。共和派とは当然対立する。また国王親政を支持する勢力のみを指し、議院内閣制を前提とする立憲君主制の支持勢力を含まない場合もある。市民革命においては国民主権を主張する共和派と対立し、国王および王権(国王主権)を支持する勢力であるが、必ずしも貴族が王党派というわけではなく、保守的なブルジョワジー、市民や農民も、王党派の支持基盤であった。現在でもフランス、イタリア、ドイツ、オーストリアなどで王政(帝政)復古を目指す王党派が少数活動している。
rdfs:label
  • 王党派
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:ideology of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:combatant of
is prop-ja:ideology of
is prop-ja:政治的思想・立場 of
is foaf:primaryTopic of