Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 王位請求者(おういせいきゅうしゃ、英: pretender, 仏: prétendant au trône, 独: Thronprätendent)は、王位を請求する者のこと。広義には帝位・皇位を請求する者を含める。王位僭称者(おういせんしょうしゃ)、王位覬覦者(おういきゆしゃ)と呼ぶこともあるが、一般的にこれらの語句は、ジョシュア・ノートンに代表されるような、王家とは何の関わりもない人物が君主位を僭称している場合に使われることが多い。君主制(王朝)や王位請求者を支持する政治党派を、王党派という。それまでの王統・皇統の断絶に際して旧王朝と血縁関係や姻戚関係にある者が君主位を請求するケース、簒奪やクーデター、宮廷革命などで廃位された君主の子孫や縁戚関係の者が君主位を請求するケース、君主位の継承権を持ちながらも順位が低い、あるいは順位を下げられたり継承権を奪われた者が君主位を請求するケース、また革命や他国の併合などで君主制(王朝)そのものが廃止された国家もしくは地域において、君主制の復活や独立などとともに自身の君主位を請求するケースなどがある。最後のケースの場合、実際に君主制の復活を求める者に限らず、世が世なら君主の座に就くことができたであろう者について(本人が君主位を望んでいるかは別として)こう呼び、王位請求者に含める。日本を例にとるならば、現在の沖縄県に当たる旧琉球王国の王家であった尚氏の当主は、たとえ王位の復活を求めていなかったとしても、その立場上は王位請求者と見なされうる、といった具合である。清朝最後の皇帝溥儀は、辛亥革命により君主制が廃止されたにもかかわらず、清室優待条件によっておよそ10年にわたり紫禁城で皇帝のような生活を送った。しかし溥儀は紫禁城から外に出られない生活を嫌がっていたという。そのため、これは本人は望んでいないのに王位請求者となることを強制された例といえる。徳川将軍家やネパールのラナ宰相家のような、厳密には君主ではないものの、かつて実質的に君主として扱われていた一族の子孫も、王位請求者のように見なされることがある。ただし、そういった扱いをされるのは外国からがほとんどであり、その国内において君主位の請求者とされることは極めてまれである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1617539 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 20445 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 366 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57417242 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 王位請求者(おういせいきゅうしゃ、英: pretender, 仏: prétendant au trône, 独: Thronprätendent)は、王位を請求する者のこと。広義には帝位・皇位を請求する者を含める。王位僭称者(おういせんしょうしゃ)、王位覬覦者(おういきゆしゃ)と呼ぶこともあるが、一般的にこれらの語句は、ジョシュア・ノートンに代表されるような、王家とは何の関わりもない人物が君主位を僭称している場合に使われることが多い。君主制(王朝)や王位請求者を支持する政治党派を、王党派という。それまでの王統・皇統の断絶に際して旧王朝と血縁関係や姻戚関係にある者が君主位を請求するケース、簒奪やクーデター、宮廷革命などで廃位された君主の子孫や縁戚関係の者が君主位を請求するケース、君主位の継承権を持ちながらも順位が低い、あるいは順位を下げられたり継承権を奪われた者が君主位を請求するケース、また革命や他国の併合などで君主制(王朝)そのものが廃止された国家もしくは地域において、君主制の復活や独立などとともに自身の君主位を請求するケースなどがある。最後のケースの場合、実際に君主制の復活を求める者に限らず、世が世なら君主の座に就くことができたであろう者について(本人が君主位を望んでいるかは別として)こう呼び、王位請求者に含める。日本を例にとるならば、現在の沖縄県に当たる旧琉球王国の王家であった尚氏の当主は、たとえ王位の復活を求めていなかったとしても、その立場上は王位請求者と見なされうる、といった具合である。清朝最後の皇帝溥儀は、辛亥革命により君主制が廃止されたにもかかわらず、清室優待条件によっておよそ10年にわたり紫禁城で皇帝のような生活を送った。しかし溥儀は紫禁城から外に出られない生活を嫌がっていたという。そのため、これは本人は望んでいないのに王位請求者となることを強制された例といえる。徳川将軍家やネパールのラナ宰相家のような、厳密には君主ではないものの、かつて実質的に君主として扱われていた一族の子孫も、王位請求者のように見なされることがある。ただし、そういった扱いをされるのは外国からがほとんどであり、その国内において君主位の請求者とされることは極めてまれである。
rdfs:label
  • 王位請求者
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:occupation of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:職業 of
is foaf:primaryTopic of