Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 玉城朝薫(たまぐすく ちょうくん、康熙23年8月2日(1684年9月11日) - 雍正12年1月26日(1734年3月1日))は琉球王国第二尚氏王統の人。向氏辺土名殿内十世で唐名は向受祐(しょうじゅゆう)、童名を思五郎といい、尚真王の三男:尚韶威・今帰仁王子朝典の後裔。中国からの冊封使をもてなすために踊奉行に1718年任命された。奉行職就任後は翌年の重陽の宴にあたり初めて組踊を創作し、上演した。また歌三線にもすぐれ、湛水流を向日長・新里親方朝住に学び、それを子の向廷瑛・奥平親雲上朝喜に伝えた。なお朝薫が創作した組踊は朝薫の五番とよばれ、「執心鐘入(しゅうしんかねいり)」「銘苅子(めかるしぃ)」「孝行之巻(こうこうのまき)」「女物狂(おんなものぐるい)」「二童敵討(にどうてきうち)」がそれである。墓所は浦添市前田にある「玉城朝薫の墓」。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 329044 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2586 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 63 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51220549 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --03-02
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 沖縄人1734年没たまくすくちようくん
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 玉城朝薫(たまぐすく ちょうくん、康熙23年8月2日(1684年9月11日) - 雍正12年1月26日(1734年3月1日))は琉球王国第二尚氏王統の人。向氏辺土名殿内十世で唐名は向受祐(しょうじゅゆう)、童名を思五郎といい、尚真王の三男:尚韶威・今帰仁王子朝典の後裔。中国からの冊封使をもてなすために踊奉行に1718年任命された。奉行職就任後は翌年の重陽の宴にあたり初めて組踊を創作し、上演した。また歌三線にもすぐれ、湛水流を向日長・新里親方朝住に学び、それを子の向廷瑛・奥平親雲上朝喜に伝えた。なお朝薫が創作した組踊は朝薫の五番とよばれ、「執心鐘入(しゅうしんかねいり)」「銘苅子(めかるしぃ)」「孝行之巻(こうこうのまき)」「女物狂(おんなものぐるい)」「二童敵討(にどうてきうち)」がそれである。墓所は浦添市前田にある「玉城朝薫の墓」。
rdfs:label
  • 玉城朝薫
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of