Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 「狼疾記」(ろうしつき)は、中島敦の短編小説。題名は孟子の「養其一指、而失其肩背、而不知也、則為狼疾人也。(一指に気をとられて肩や背まで失うことに気がつかぬ、それを狼疾の人と云う)」という言葉に由来している。「かめれおん日記」と共に「過去帳」に分類される。長編の未完作品『北方行』との類似点が多く、それを再構成した作品と見られている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 619927 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 383 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 7 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 42329165 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 「狼疾記」(ろうしつき)は、中島敦の短編小説。題名は孟子の「養其一指、而失其肩背、而不知也、則為狼疾人也。(一指に気をとられて肩や背まで失うことに気がつかぬ、それを狼疾の人と云う)」という言葉に由来している。「かめれおん日記」と共に「過去帳」に分類される。長編の未完作品『北方行』との類似点が多く、それを再構成した作品と見られている。
rdfs:label
  • 狼疾記
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of