Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 狂乱物価(きょうらんぶっか)とは、1973年10月6日に勃発した第四次中東戦争に端を発した第一次オイルショックによってもたらされた、1974年の日本の物価の異常な高騰のこと。名付け親は政治家の福田赳夫。既に1973年からの列島改造ブームによる地価急騰で急速なインフレーションが発生していたが、第一次オイルショックにより相次いで発生した便乗値上げ等により、さらにインフレーションが加速されることとなった。総合卸売物価は1973年で15.6%、1974年で31.4%上昇し、消費者物価指数は1973年で11.7%、1974年で23.2%上昇、1974年の実質GDPは-0.2%となった。春闘での賃上げ率は1973年で20%、1974年で33%上昇した。狂乱物価は、スミソニアン協定で設定された限度ぎりぎりの円安水準に為替レートを維持するため金融緩和を持続したことが、インフレをもたらした。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1286932 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1513 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58583582 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 狂乱物価(きょうらんぶっか)とは、1973年10月6日に勃発した第四次中東戦争に端を発した第一次オイルショックによってもたらされた、1974年の日本の物価の異常な高騰のこと。名付け親は政治家の福田赳夫。既に1973年からの列島改造ブームによる地価急騰で急速なインフレーションが発生していたが、第一次オイルショックにより相次いで発生した便乗値上げ等により、さらにインフレーションが加速されることとなった。総合卸売物価は1973年で15.6%、1974年で31.4%上昇し、消費者物価指数は1973年で11.7%、1974年で23.2%上昇、1974年の実質GDPは-0.2%となった。春闘での賃上げ率は1973年で20%、1974年で33%上昇した。狂乱物価は、スミソニアン協定で設定された限度ぎりぎりの円安水準に為替レートを維持するため金融緩和を持続したことが、インフレをもたらした。
rdfs:label
  • 狂乱物価
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of