Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 特異X線パルサー(Anomalous X-ray pulsar,AXP)は、現在はマグネターであると信じられている、若く、孤立していて、強い磁場を持つ中性子星である。このような高エネルギーのX線パルサーは、2から12秒の遅い自転周期と1013から1015ガウスの強い磁場によって特徴付けられる。2009年時点では、9つの既知のAXPと1つの候補が発見されている。2003年時点のAXPの候補とその推定自転周期は以下の通りである。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2784552 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1420 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47900992 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 特異X線パルサー(Anomalous X-ray pulsar,AXP)は、現在はマグネターであると信じられている、若く、孤立していて、強い磁場を持つ中性子星である。このような高エネルギーのX線パルサーは、2から12秒の遅い自転周期と1013から1015ガウスの強い磁場によって特徴付けられる。2009年時点では、9つの既知のAXPと1つの候補が発見されている。2003年時点のAXPの候補とその推定自転周期は以下の通りである。
rdfs:label
  • 特異X線パルサー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of