Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 物理学(ぶつりがく、physics)は、自然科学の一分野である。自然界に見られる現象には、人間の恣意的な解釈に依らない普遍的な法則があると考え、自然界の現象とその性質を、物質とその間に働く相互作用によって理解すること(力学的理解)、および物質をより基本的な要素に還元して理解すること(原子論的理解)を目的とする。化学、生物学、地学などほかの自然科学に比べ数学との親和性が非常に強い。古代ギリシアの自然学 (φύσις physis) にその源があり、"physics"という言葉も、元々は自然についての一般的な知識の追求を意味しており、天体現象から生物現象までを含む幅広い概念だった。現在の、物理現象のみを追求する"physics"として自然哲学から独立した意味を持つようになったのは19世紀からである。物理学の古典的な研究分野は、物体の運動、光と色彩、音響、電気と磁気、熱、波動、天体の諸現象(物理現象)である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 112 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12410 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 450 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58901009 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:commons
  • Category:Physics
prop-ja:date
  • 2010 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:wikibooks
  • 物理学
prop-ja:wikiquote
  • 物理学
prop-ja:wiktionary
  • Category:物理学
prop-ja:出典の明記
  • --03-09
prop-ja:参照方法
  • 2010 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 物理学(ぶつりがく、physics)は、自然科学の一分野である。自然界に見られる現象には、人間の恣意的な解釈に依らない普遍的な法則があると考え、自然界の現象とその性質を、物質とその間に働く相互作用によって理解すること(力学的理解)、および物質をより基本的な要素に還元して理解すること(原子論的理解)を目的とする。化学、生物学、地学などほかの自然科学に比べ数学との親和性が非常に強い。古代ギリシアの自然学 (φύσις physis) にその源があり、"physics"という言葉も、元々は自然についての一般的な知識の追求を意味しており、天体現象から生物現象までを含む幅広い概念だった。現在の、物理現象のみを追求する"physics"として自然哲学から独立した意味を持つようになったのは19世紀からである。物理学の古典的な研究分野は、物体の運動、光と色彩、音響、電気と磁気、熱、波動、天体の諸現象(物理現象)である。
rdfs:label
  • 物理学
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:academicDiscipline of
is dbpedia-owl:field of
is dbpedia-owl:mainInterest of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:description of
is prop-ja:discipline of
is prop-ja:education of
is prop-ja:field of
is prop-ja:fields of
is prop-ja:genre of
is prop-ja:mainInterests of
is prop-ja:分野 of
is prop-ja:専門分野 of
is prop-ja:得意ジャンル of
is prop-ja:活動領域 of
is foaf:primaryTopic of