Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 物理変化(ぶつりへんか、英語:physical change)とは、物体や物質の変化のなかで、物の材質は変わらないような変化である。具体的には次のようなものがある。物体の変形 伸縮、切断、分裂、接合目に見える混合 固体粒子と液体、固体粒子同士分子レベルの混合 溶解、液体同士の混合、気体同士の混合三態間の状態変化物の材質が変わるような変化には、化学変化と核反応や素粒子反応がある。ミクロに見れば、原子間の結合の組み替えが起きるのが化学変化であり、分子の位置のみが変化するのが物理変化である。どちらも原子自体は変化しないが、原子が別の原子に変化するのが核反応である。関与する1モル当たりのエネルギーは、物理変化<化学変化<核反応、の順に大きくなる。なお現在の自然科学の分類では、化学変化を扱う分野は化学、物理変化を扱う分野は物理または物理化学、核反応や素粒子反応を扱う分野も物理と分類されている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 787451 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1113 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 61 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47223966 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 物理変化(ぶつりへんか、英語:physical change)とは、物体や物質の変化のなかで、物の材質は変わらないような変化である。具体的には次のようなものがある。物体の変形 伸縮、切断、分裂、接合目に見える混合 固体粒子と液体、固体粒子同士分子レベルの混合 溶解、液体同士の混合、気体同士の混合三態間の状態変化物の材質が変わるような変化には、化学変化と核反応や素粒子反応がある。ミクロに見れば、原子間の結合の組み替えが起きるのが化学変化であり、分子の位置のみが変化するのが物理変化である。どちらも原子自体は変化しないが、原子が別の原子に変化するのが核反応である。関与する1モル当たりのエネルギーは、物理変化<化学変化<核反応、の順に大きくなる。なお現在の自然科学の分類では、化学変化を扱う分野は化学、物理変化を扱う分野は物理または物理化学、核反応や素粒子反応を扱う分野も物理と分類されている。
rdfs:label
  • 物理変化
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of